CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  【劇的変化】人中短縮術と鼻整形手術の同時手術

【劇的変化】人中短縮術と鼻整形手術の同時手術

鼻形成
人中短縮術, リップリフト, 失敗, 傷跡が目立つ, ダウンタイム, 鼻整形, 鼻形成術, 同時手術, シリコンプロテーゼ, 鼻尖形成術
主任医師の長尾です。日々傷跡を目立たなくすることにこだわって手術を行っています。
今回は傷跡の目立たない人中短縮術と鼻形成術の同時手術についてご紹介いたします。

リップリフト, 人中短縮, 口角挙上, スマイルリップ, 傷跡

以前も説明させていただきましたが、当院では、人中短縮術を行う際、傷の大部分を鼻の穴の中に入れ込むようにしています。
言い換えると、鼻柱と小鼻の付け根の、影になる部分にのみ傷跡が出るようなデザインにしています。
そして、私が人中短縮と鼻形成術を同時に行う場合、その鼻柱の付け根の傷から鼻を開けるようにし、そして小鼻の傷の部分で小鼻縮小術を行うようにしています。このように工夫をすることで傷を増やさずに鼻形成術を同時に行うことが可能です。
かなり煩雑な手術にはなりますが、このように人中短縮術と鼻形成術を同時に行うことで、それぞれの完成度を高めることも可能です。
日本で同じ内容の手術を行っているクリニックは他にないかもしれないです。

人中短縮術, リップリフト, 失敗, 傷跡が目立つ, ダウンタイム, 鼻整形, 鼻形成術, 同時手術, シリコンプロテーゼ, 鼻尖形成術

人中短縮術, リップリフト, 失敗, 傷跡が目立つ, ダウンタイム, 鼻整形, 鼻形成術, 同時手術, シリコンプロテーゼ, 鼻尖形成術

人中短縮術, リップリフト, 失敗, 傷跡が目立つ, ダウンタイム, 鼻整形, 鼻形成術, 同時手術, シリコンプロテーゼ, 鼻尖形成術

人中短縮術, リップリフト, 失敗, 傷跡が目立つ, ダウンタイム, 鼻整形, 鼻形成術, 同時手術, シリコンプロテーゼ, 鼻尖形成術

こちらの方は、鼻尖形成術と小鼻縮小術、そしてプロテーゼ挿入術を人中短縮術と同時に行いました。
デザインと傷を閉じる際の縫い方を工夫をすることで、鼻柱の位置を下げるようにし、鼻のバランスを整えています。
術後3週間も経過していないので傷の赤みは残っていますが、傷跡はすでにほとんど目立たない状態になっています。
人中短縮術と鼻形成術の同時手術の紹介をさせていただきました。
最後までご覧いただきありがとうございました。
人中短縮術の傷跡を気にされている方、人中短縮術と鼻整形手術を同時に検討されている方も是非お気軽にご相談ください。

 

※人中短縮により起こりうる合併症:出血、むくみ、感染、瘢痕、上口唇の肥厚、一時的な閉口障害、一時的な感覚障害、鼻翼の幅の変化等