CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  鼻整形の修正症例における工夫

鼻整形の修正症例における工夫

鼻形成
鼻整形、鼻形成、傷跡、ダウンタイム、銀座、鼻修正、鼻尖形成、クローズ法、クローズド法、鼻骨幅寄せ
主任医師の長尾です。日々傷跡を目立たなくすることにこだわって手術を行っています。
今回、クローズド法による修正手術の一例を紹介いたします。
何年も前に他院で耳介軟骨による鼻尖形成術(鼻先の形成)と鼻背(鼻筋の部分)への軟骨移植をされていましたが、鼻先の形にご満足されておらず、また鼻筋にはシート状の軟骨が挿入されており軟骨の形が浮き出ていました。それ以外には鼻全体の幅があることを気にされておられました。

鼻整形、鼻形成、傷跡、ダウンタイム、銀座、鼻修正、鼻尖形成、クローズ法、クローズド法、鼻骨幅寄せ

鼻整形、鼻形成、傷跡、ダウンタイム、銀座、鼻修正、鼻尖形成、クローズ法、クローズド法、鼻骨幅寄せ

行った手術の内容は、再度耳介軟骨を移植して鼻先の形態を修正する鼻尖形成術、鼻筋にある軟骨の除去とハンプという骨の突出を改善するハンプ切除術、鼻の骨の幅を狭くする鼻骨骨切り幅寄せ術、曲がった鼻中隔を修正する斜鼻修正、鼻筋のラインを整えるための細片軟骨グルーグラフト移植、小鼻の幅を縮小する鼻翼縮小術です。
過去の手術で相当量の脂肪が除去されており、皮膚はかなり薄くなっていたので、今回は鼻先を破砕軟骨という軟らかくした軟骨で包んで軟骨が浮き出る現象を阻止するように工夫しました。
修正手術を担当していると、過剰な脂肪除去を行われていたり、移植した軟骨の形状が不適切であったりして、術後何年かしてトラブルを抱えている方を多く見かけます。
当院では何年たってもトラブルが起きにくい工夫を凝らして手術を心がけています。
最後までご覧いただきありがとうございました。