CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  人中短縮術・リップリフトの傷跡をほとんど見えなくする方法

人中短縮術・リップリフトの傷跡をほとんど見えなくする方法

鼻形成
リップリフト, 人中短縮, 口角挙上, スマイルリップ, 傷跡
主任医師の長尾です。傷跡を目立たなくすることへの強いこだわりを持って日々手術を行っています。
今回は、人中短縮術(別名:リップリフト)の傷跡を目立たなくする当院オリジナルの手術方法についてご紹介いたします。

リップリフト, 人中短縮, 口角挙上, スマイルリップ, 傷跡

こちらは当院の人中短縮術を受けられた方の手術直後の写真です。手術直後なので腫れてはいますが縫合部がそれほど目立たないのがわかるかと思います。

この方のデザインを下記に掲載いたします。

リップリフト, 人中短縮, 口角挙上, スマイルリップ, 傷跡

当院では、主に鼻の孔(アナ)の中に傷跡を持ってくることで、傷跡が外から見えにくくなるように工夫をしています。
もう少し詳しくシェーマで説明いたします。

リップリフト, 人中短縮, 口角挙上, スマイルリップ, 傷跡

リップリフト, 人中短縮, 口角挙上, スマイルリップ, 傷跡

一般的な方法では上記の通り傷跡が目立つ部分が生じてしまいます。
当院では傷を鼻の孔(アナ)の中に入れ込むようなデザインにすることで、一番目立つ可能性の高い部分に傷を作らないようにしています。結果的にダウンタイムも短くなります。
一般的なデザインの場合、すべて同じ厚みで切除すれば良いですが、当院の方法では切除する組織の厚みを工夫する必要があり、また鼻の奥の方での縫合が必要であったりと、少し複雑な手術にはなります。
それでも患者さんにご満足いただくため、このプレミアムな手術法を、一般的なお値段で対応させていただいております。
 
今回、リップリフト・人中短縮の傷跡を目立たなくする工夫について紹介させていただきました。
傷跡やダウンタイムが心配で美容整形を悩まれている方も、お気軽に当院医師にご相談ください。
 
 
※人中短縮により起こりうる合併症:出血、むくみ、感染、瘢痕、上口唇の肥厚、一時的な閉口障害、一時的な感覚障害、鼻翼の幅の変化