CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  シリコンプロテーゼを使わずに鼻を高くする最先端の方法

シリコンプロテーゼを使わずに鼻を高くする最先端の方法

鼻形成
隆鼻術, 鼻を高くする, 自家組織, プロテーゼ, クローズ法, クローズド法, 鼻整形, 細片軟骨, DCG
主任医師の長尾です。今回、自分の組織で鼻を高くする最先端の方法についてご紹介いたします。
現状、鼻を高くする方法(隆鼻術)は、シリコンプロテーゼの挿入が最も一般的です。理由としては、煩雑な手術操作が不要で手術時間が短いこと、理想の鼻を形成しやすいこと、変形しにくいこと、抜去が容易であること等があげられます。
『シリコンプロテーゼを使わずに鼻を高くする最先端の方法』の画像
逆にシリコンプロテーゼのデメリットとしては、異物なので感染を起こすリスクが比較的高く、頻度は高くないですが、皮膚の発赤や皮膚から飛び出すリスク等があげられます。
それでも、メリットが大きいため、当院でも鼻を高くする場合はシリコンプロテーゼを使用することが多いです。
『シリコンプロテーゼを使わずに鼻を高くする最先端の方法』の画像
ただ、人工物を入れることに抵抗を示される方等に対しては、自分の組織(自家組織)を用いて鼻を高くする方法を採っています。
これまでの自家組織による隆鼻術は鼻の変形を起こしやすいことが最大の問題点とされてきました。
そこで今回、自家組織による隆鼻術の中で、最も変形が少なく、理想の形を作りやすい最先端の方法で、当院が採用している方法をご紹介いたします。
『シリコンプロテーゼを使わずに鼻を高くする最先端の方法』の画像
胸の肋軟骨もしくは耳の耳介軟骨を細かく切った細片軟骨を組織接着剤で固めてから鼻に挿入する方法で、海外で細片軟骨グルーグラフトと呼ばれています。
『シリコンプロテーゼを使わずに鼻を高くする最先端の方法』の画像
こちらの患者さんは自分の組織で、整形したとわからないような自然な鼻にすることを望まれ、この方法による隆鼻術を行いました。
鼻の軟部組織が分厚く、鼻を高くするのが通常困難な本例でも、鼻を高くそして鼻筋を通すことができています。
※画像は手術直後のため腫れがあります。
『シリコンプロテーゼを使わずに鼻を高くする最先端の方法』の画像
『シリコンプロテーゼを使わずに鼻を高くする最先端の方法』の画像
今回、自家組織による最先端の隆鼻術を紹介いたしました。
シリコンプロテーゼによる隆鼻術はもちろん、自家組織による隆鼻術をご希望の方もお気軽に当院医師にご相談ください。
 
※細片軟骨グルーグラフトの費用(耳介軟骨採取費用を含む):60万円(税別)
※固定期間:細片軟骨グルーグラフト後は5-6日間、鼻に対してギプス固定を行うことを推奨しています。
※細片軟骨グルーグラフト特有の起こりうる合併症:1-4週間の皮膚の発赤、1-2割の体積減少、軽度の凹凸の触知