CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  眼の大きさの左右差を切開せずに治す方法

眼の大きさの左右差を切開せずに治す方法

埋没式眼瞼下垂、挙筋短縮、切らない眼瞼下垂、二重、埋没、埋没法、切開、二重切開、眼瞼下垂、左右差
主任医師の長尾です。
今回、切開をせずに眼の大きさの左右差を治す方法についてご紹介いたします。

埋没式眼瞼下垂、切らない眼瞼下垂、二重、埋没、埋没法、切開、二重切開、眼瞼下垂、左右差

この方は元々一重ですが、これまで他院で2度埋没法による二重手術を受けられていました。
糸が取れかかっていますが、術前は平行型の二重でした。
今回、自然な幅の末広型の二重を希望され、また右目が小さく眠そうに見えるのを気にされており左右差も減らすような施術を希望されました。
通常は二重切開と、挙筋短縮という目を開ける筋肉の短縮を組み合わせることで左右差をわからなくすることが可能です。
今回は、患者さんの希望もあり、埋没式眼瞼下垂(切らない眼瞼下垂)という切開をしない方法での左右差の改善と、二重ラインの修正を行いました。

埋没式眼瞼下垂、切らない眼瞼下垂、二重、埋没、埋没法、切開、二重切開、眼瞼下垂、左右差

こちらは施術直後の写真ですが、腫れも軽度で日常生活に支障のないレベルです。
 

埋没式眼瞼下垂、切らない眼瞼下垂、二重、埋没、埋没法、切開、二重切開、眼瞼下垂、左右差

希望通りの自然な二重で左右差も改善したことで、とても可愛らしくなり、ご本人にもとても喜んでいただきました。
美容外科医として、喜びを共有できることはとても嬉しいです。
二重の手術を希望されている方、術前がどんな状態であれ、細かく理想を聞き、またデザインにもこだわることで最大限希望に近い形に仕上げます。ご相談お待ちしております。
 
※埋没式眼瞼下垂の主な合併症:むくみ、内出血、一時的な目のゴロゴロ感、一時的な目の閉じづらさ、一時的なドライアイ等