CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  鼻の美容整形で理想通りの形にできるの?

鼻の美容整形で理想通りの形にできるの?

鼻形成
3Dシミュレーション、鼻整形、鼻形成、理想通り、鼻尖形成術、鼻尖縮小術、耳介軟骨移植

主任医師の長尾です。

今回、鼻形成術で形を理想通りにできるかどうか、そして理想通りにするために私が気をつけていることについて触れたいと思います。
とある海外の研究で、一般的に鼻の整形手術を受けた患者さんのうち、理想通りの形になったと思う人は4割程度にとどまっているという報告がされています(Bas J Surg2018)。

3Dシミュレーション、鼻整形、鼻形成、理想通り、鼻尖形成術、鼻尖縮小術、耳介軟骨移植

もちろん、患者さんの元の鼻の形態や皮膚の厚み等も手術の難易度に影響するため、すべての人の鼻を完璧な形にするのは容易ではありません。
しかし、鼻形成術のあらゆる術を駆使すれば極限まで理想に近づけることは可能だという信念のもと診療にあたっています。

3Dシミュレーション、鼻整形、鼻形成、理想通り、鼻尖形成術、鼻尖縮小術、耳介軟骨移植

私が鼻の手術で患者さんの理想通りにするために気をつけていることは主に下記の2つの点です。
1点目は、患者さんの理想像についてしっかり話し合い、シミュレーションで確認することです。
いくら腕が良くても理想像が患者さんと一致していなければ満足のいく手術はできません。
そのために当院では世界最先端の3Dシミュレーターを導入し、しっかり理想像を確認するようにしています。

3Dシミュレーション、鼻整形、鼻形成、理想通り、鼻尖形成術、鼻尖縮小術、耳介軟骨移植

2点目は、ほぼシミュレーション通りの鼻の形態にすることです。
常にベストな手術を提供できるように鍛錬するだけでなく、鼻形成に必要な道具を特注品含め100種類近く用意しており、あらゆる術式に対応できるようにしています。

3Dシミュレーション、鼻整形、鼻形成、理想通り、鼻尖形成術、鼻尖縮小術、耳介軟骨移植

最後に、2次元シミュレーターを使って描いた像に対し実際の術後の形がどれほど近いかをお見せいたします。

3Dシミュレーション、鼻整形、鼻形成、理想通り、鼻尖形成術、鼻尖縮小術、耳介軟骨移植

こちらの症例では耳介軟骨を用いた鼻尖形成術と小鼻縮小術を行いました。
ハンプという骨や軟骨の突出がある方ですが、鼻先を細く高くして、鼻を比較的まっすぐな印象になるように調整いたしました。
ほぼシミュレーション通りの仕上がりになっていると思います。
理想通りの鼻にするために気をつけていることについて述べさせていただきました。最後までご覧いただきありがとうございました。