CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  小鼻縮小術(鼻翼縮小術)だけでどれだけ変わるの?

小鼻縮小術(鼻翼縮小術)だけでどれだけ変わるの?

鼻形成
小鼻縮小術、鼻翼縮小術、小鼻がでかい、傷跡が目立たない、傷跡がわからない、傷跡が目立つ、内側法、外側法、内外側法

主任医師の長尾です。

今回、小鼻縮小術(鼻翼縮小術)のみでどれほどの変化を出せるかについて説明いたします。
以前も小鼻縮小術の傷跡を目立たなくする工夫についての記事を書かせていただいたので、小鼻縮小術って何と思われた方はそちらの記事もご覧いただければと思います。
小鼻縮小術(鼻翼縮小術)は地味な手術と思われがちですが、意外と大きな変化を出すことができます。

小鼻縮小術、鼻翼縮小術、小鼻がでかい、傷跡が目立たない、傷跡がわからない、傷跡が目立つ、内側法、外側法、内外側法

この方は鼻の幅が広いのも気にされておられましたが、それ以上に小鼻が外に張り出している点を気にされておられました。
小鼻縮小術には大きく分けて外側法と内側法があります。主に、外側法で張り出しを改善し、内側法で幅を狭くします。当院ではそれらを組み合わせた内外側法を基本としています。元の鼻の形に合わせて、外側の要素と内側の要素を調整することで理想通りの自然な美しい形を作っています。

小鼻縮小術、鼻翼縮小術、小鼻がでかい、傷跡が目立たない、傷跡がわからない、傷跡が目立つ、内側法、外側法、内外側法、左右差

この方も内外側法で、特に外側の張り出しをしっかり縮小できるようにデザインしました。

小鼻縮小術、鼻翼縮小術、小鼻がでかい、傷跡が目立たない、傷跡がわからない、傷跡が目立つ、内側法、外側法、内外側法、左右差

そしてこの方は、鼻孔及び鼻翼の形に元々比較的大きな左右差がありましたので、左右同じ幅で切除するのではなく、左右差を改善しつつ小鼻を縮小する方針にいたしました。
左右差を改善するために、残る部分(図のピンク色の線)が極力左右均等になるようにデザインしました(ただし、左の鼻の穴の方が高いのは小鼻縮小術のみでは改善できません)。

小鼻縮小術、鼻翼縮小術、小鼻がでかい、傷跡が目立たない、傷跡がわからない、傷跡が目立つ、内側法、外側法、内外側法、左右差

以上の通り、元の小鼻や鼻孔の形と希望の形を考慮し、内側法と外側法を使い分ければ小鼻縮小術で理想の小鼻の形に近づけることができるということについて説明させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

※固定期間:ギプス等による固定の必要性はありません。

※小鼻縮小術により起こりうる合併症:傷跡、左右差、後戻り、notching