CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  鼻尖形成術って何?

鼻尖形成術って何?

鼻形成
鼻尖形成術、鼻尖縮小術、クローズド法、クローズ法、オープン法、鼻内法、傷跡がわからない、傷跡が見えない、鼻整形、鼻形成術
主任医師の長尾です。
今回は鼻先を細くする鼻尖形成術とは何かについて説明いたします。

鼻尖形成術、鼻尖縮小術、クローズド法、クローズ法、オープン法、鼻内法、傷跡がわからない、傷跡が見えない、鼻整形、鼻形成術

鼻尖とは鼻先部分を示す医学用語で、鼻尖形成術とは鼻先部分を整える手術の総称です。
鼻尖形成術は鼻の美容整形手術の中で最もバリエーションの多い手術の一つです。
クリニック・外科医によっても採用している方法が全く違うこともあり、また方法によって結果も大きく変わってきます。
他のクリニックで鼻尖形成を受けてもほとんど変わらなかったといって相談に来られる患者さんが多くいらっしゃいますが、本来鼻尖形成は大きな変化を出すことが可能な手術です。
当院では、理想の形を作り上げるため、患者さんの希望によって鼻尖形成術の方法を変えています。
今回当院で主に採用している鼻尖形成術のいくつかをご紹介差し上げます。

鼻尖形成術、鼻尖縮小術、クローズド法、クローズ法、オープン法、鼻内法、傷跡がわからない、傷跡が見えない、鼻整形、鼻形成術

鼻先を細くする鼻尖縮小術は、鼻尖形成で最も一般的に行なわれている方法です。

当院では大きな変化を出すため、下記のように軟骨を切って大きく形を変える方法をとることもあります。

鼻尖形成術、鼻尖縮小術、クローズド法、クローズ法、オープン法、鼻内法、傷跡がわからない、傷跡が見えない、鼻整形、鼻形成術

逆に高さをだしたくない場合は下記のように高さを調整する方法をとります。

鼻尖形成術、鼻尖縮小術、クローズド法、クローズ法、オープン法、鼻内法、傷跡がわからない、傷跡が見えない、鼻整形、鼻形成術

耳介軟骨や鼻中隔軟骨等を移植して柱を立てることで、さらに高さを獲得したり、土台をしっかりさせることで後戻りのリスクを下げることも可能です。

鼻尖形成術、鼻尖縮小術、クローズド法、クローズ法、オープン法、鼻内法、傷跡がわからない、傷跡が見えない、鼻整形、鼻形成術

鼻尖形成術、鼻尖縮小術、クローズド法、クローズ法、オープン法、鼻内法、傷跡がわからない、傷跡が見えない、鼻整形、鼻形成術

また、鼻先の少し上の腫れぼったさをなくすために鼻翼軟骨の頭側を切除することもあります。

鼻尖形成術、鼻尖縮小術、クローズド法、クローズ法、オープン法、鼻内法、傷跡がわからない、傷跡が見えない、鼻整形、鼻形成術

その他、脂肪量の調節等必要に応じて行っていきます。

鼻尖形成術、鼻尖縮小術、クローズド法、クローズ法、オープン法、鼻内法、傷跡がわからない、傷跡が見えない、鼻整形、鼻形成術

こちらの方では、鼻尖縮小術の他、鼻翼軟骨の頭側トリミング、耳介軟骨移植(鼻柱strut及びOnlay graft)を組み合わせることで理想の形を形成いたしました。

長くなりましたが、このように色々な方法を組み合わせることで、理想の形を作るのが本来の鼻尖形成術です。
鼻尖形成術を検討中の方は、詳しく方法を説明してくれる医師の手術を受けられることをお勧めいたします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

※鼻形成術の傷跡:クローズド法(クローズ法)を用いれば、鼻の見える範囲に傷跡はできません。耳介軟骨を採取する場合は耳たぶの裏に傷ができます。

※固定期間:鼻先に3-4日間のギプス固定を推奨しています。

※鼻尖形成術で起こりうる主な合併症:内出血、腫れ、感染、しびれ、左右差、後戻り、軟骨採取部位の傷跡 等