CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  鼻尖形成術だけでどれだけ鼻を高くできるの?

鼻尖形成術だけでどれだけ鼻を高くできるの?

鼻形成
鼻尖形成術、鼻尖縮小術、クローズド法、クローズ法、オープン法、鼻内法、傷跡がわからない、傷跡が見えない、鼻整形、鼻形成術、団子鼻
主任医師の長尾です。
以前、鼻先を整える鼻尖形成術についての記事を書かせていただきました。
今回は、鼻尖形成術でどれほど高さをだすことができるかについて、症例をお見せしながら説明したいと思います。
 
鼻尖形成術は、鼻先の幅や形を変えられるだけでなく、高さをだしたり、逆に高さを低くすることも可能です。

鼻尖形成術、鼻尖縮小術、クローズド法、クローズ法、オープン法、鼻内法、傷跡がわからない、傷跡が見えない、鼻整形、鼻形成術、団子鼻

鼻尖形成術、鼻尖縮小術、クローズド法、クローズ法、オープン法、鼻内法、傷跡がわからない、傷跡が見えない、鼻整形、鼻形成術、団子鼻

こちらの方は、鼻先の幅が広いのと、高さが低く横から見たときに鼻先が丸く見えることを気にされていました。
理想通り、鼻尖形成術で鼻先の幅を縮小し高さをだしています。
具体的には、以前の”鼻尖形成術って何?”という題の記事で説明した、鼻尖縮小術、鼻翼軟骨の頭側トリミング、耳介軟骨移植(鼻柱strut及びonlay graft)を行っております。

 

このように、鼻尖形成術では鼻先の高さや形をバランス良く調節することで、横から見た時の鼻のラインを整えることも可能です。
写真でも、横から見たときの鼻先の丸みがなくなり、他の部位にあった自然な高さを出せているのがわかるかと思います。

 

鼻先に悩みをお持ちの方は何でもお気軽にご相談ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

※鼻形成術の傷跡:クローズド法(クローズ法)を用いれば、鼻の見える範囲に傷跡はできません。耳介軟骨を採取する場合は耳たぶの裏に傷ができます。

※固定期間:鼻に対して3-4日間のギプス固定を推奨しております。

※鼻尖形成術で起こりうる主な合併症:内出血、腫れ、感染、しびれ、左右差、後戻り、軟骨採取部位の傷跡 等