DOCTOR

ドクター紹介

WOM CLINIC GINZA TOP > ドクター紹介 > 斉藤 貴和子

WOM CLINIC GINZA 医師

斉藤 貴和子

SAITO KIWAKO

斉藤 貴和子 斉藤 貴和子
  • 略歴

    • 2008年 佐賀医科大学医学部医学科卒業
    • 2011年 熊本赤十字病院形成外科
    • 2012年 佐賀大学医学部附属病院形成外科
    • 2013年 上尾中央総合病院形成外科
    • 2014年 埼玉医科大学形成外科・美容外科入局
    • 2017年 湘南美容クリニック
    • 2017年 水の森美容外科
    • 2019年 ガーデンクリニック名古屋院院長
    • 2020年 WOM CLINIC入職
    • 2021年 WOM CLINIC GINZA医師
  • 保有資格

    • ・日本形成外科学会認定専門医
    • ・日本美容外科学会(JSAPS)正会員
    • ・日本美容外科学会(JSAS)正会員
    • ・日本創傷外科学会正会員

ドクターの想い

はじめまして、WOM CLINIC GINZAドクターの斉藤貴和子です。 美容医療に携わる前は、形成外科医として主に大学病院などで研鑽を積み、形成外科専門医の資格を取得しました。そうして外科手術の基礎を積んだ後に美容外科分野でも知見を広げ、特に二重や脂肪吸引などの施術を多く経験してきました。形成外科でも美容外科でも手術は職人技術、全く同じ手術はなく、それぞれ随所に工夫を凝らしながら施術しています。 今まで数多くの施設で勤務してきましたが、例えば二重術でも小顔の施術でも、ありがたいことに「こんなになれるなら早くやれば良かった!」「友達にカミングアウトしたら羨ましがられた!」といったお声を頂き、その度に私もお客様と一緒で嬉しい気持ちでいっぱいになります。

私は美容医療に携わる上で大事にしていることがあります。それは、お客様のご希望を最大限叶えつつ、お客様の「似合う」をご提案することです。 例えば、目も気になるしたるみも気になる、鼻ももう少し…って色々な施術に興味を持って頂けるのはとても嬉しいことです。しかし、その施術、本当に向いている、必要な施術でしょうか?元々お綺麗なパーツは無理して手を入れなくていいこともあるのです。 また、私のカウンセリングでは、よくお客様が「こういう感じが理想です」とお写真や画像を持ってきて頂くことが多く、イメージ共有の助けになってくれます。一方で、そもそもの骨格や予算、ダウンタイムの都合などでどうしても無理があることもございます。では、どうするか?お客様のお顔をじっくり観察分析して、元の素材を生かしつつ、できる範囲の施術内で理想に少しでも近づけていきます。 必要ない施術はせず、その方のお持ちのパーツや雰囲気から「似合う」を引き出す。お顔なら「似合わせフェイス」にすることを常々考えています。 確かに、その時代ごとに流行りのメイクやお顔の雰囲気は変わりますよね。 みんながこの施術受けてるから私もやってみよう!と美容医療に興味を持って頂けることはとても嬉しいです。 ただ、ちょっと待って。 あなたはそのままでもチャームポイントや、素敵なお顔の個性、素敵な雰囲気やファッションセンスをお持ちです。 せっかくなら、その個性を活かして、オリジナルのお気に入りフェイスを手に入れませんか? 私も昔は全くの一重で、輪郭は下膨れでした。二重にしてみたい!顔小さくしたい!と自身でも手術を受けた経験があります。 ダウンタイムを終えて、仕上がりが似合っていると、自分の顔に愛着が持てるようになりました。

目のカウンセリングだけして終わりじゃなくて、お顔のバランスをトータルで見ておすすめの施術を提案して欲しいというお客様のリクエストも多く頂くようになっています。 これはとても喜ばしいことと思います。 当院は、目、鼻、輪郭、ボディ、バスト、様々な分野に対応できるよう、専門性の高いスタッフが揃っており、かつ最小限のダウンタイムや価格設定などにもこだわっています。 当院でお客様をトータルコーディネートできるように、私も更に技術や専門性を高めていきたいと思っております。些細なことでも何でも、どうぞお気軽にお声がけください。皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

高橋 範夫

ドクター一覧