CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  技術的格差に気を付けましょう「ボディーの他院修正治療」

技術的格差に気を付けましょう「ボディーの他院修正治療」

太もも 脂肪吸引 失敗 他院修正

ボディーの脂肪吸引は一見大胆なオペですが、繊細なデザインと滑らかな曲線美を作り出す芸術的な側面があります。今回は他院修正症例を通して脂肪吸引について解説します。

まず、患者様の背景から。お顔の脂肪吸引とバッカルファットの施術でご満足いただいた方が、引き続き二の腕、副乳、お腹、腰とご指名いただき、脂肪吸引を受けていただきました。大いに仕上がりにご満足いただき、太もも、臀部、ふくらはぎ、脂肪豊胸の施術予定でしたが、銀座院開院のタイミングまでしばらく施術をお待ちいただくようにお願いしておりました。患者様から待ちきれずに他院で太ももの脂肪吸引と豊胸施術を受けたとのご連絡を受けました。美容外科ではよくあることですので特に問題はないと思っていたのですが、仕上がりに満足しておらず、残りの臀部とふくらはぎと脂肪豊胸をやはり私にお願いしたいとのことで診察に来ていただきました。彼女とはかなり親しく、今まで多くの施術を任せていただき、互いに信頼関係を持っていましたし、彼女の書いてくださった口コミをみて本当に多くの方が私の施術を受けに来てくださったので非常に感謝しています。そんな思い入れのある彼女の太ももをみて、私は大きく落胆しました。

こちらです↓

『技術的格差に気を付けましょう「ボディーの他院修正治療」』の画像

待てなかったのね、、ごめんなさい。俺がオペしたかったよ。俺なら希望通りの綺麗なラインを作ったのにと。

こんなにボコボコなラインにされてしまって可哀そうに。あなたが施術を受けた某M美容外科は取りすぎボコボコで有名で2ちゃんで被害者の会でにぎわっているような悪名高きクリニックよ。過去の修正希望で断トツでトップだから、相談してくれたら全力で止めたのに、、彼女はとにかくカリカリに細くなりたいと以前から言っていましたので、それが悪い結果に繋がってしまったようです。オペしてしまった後だから、できることは限られるけど、これからどうするか相談しましょうと。

まずは取りすぎてしまった部分は脂肪の注入が必要となるが、彼女は注入は希望せず、

「弛んでもいいからお尻をなるべくぺったんこにしたい」

「膝周りと太もも外側の取り残しを取ってほしい」

「段差やお尻のくぼみを滑らかにしてほしい」

との希望でしたので、以下のようにデザインし、施術をしました↓

『技術的格差に気を付けましょう「ボディーの他院修正治療」』の画像

太ももの仕上がりが悪いのは言うまでもありませんが、傷跡も本当にひどいです。

① 私がお腹の吸引の際に作った傷跡があるにも関わらず、すぐ近くに傷跡を増やし、鼠径部の傷跡が合計4カ所になっています。傷跡を減らそう、目立ちにくくしようという発想がなく、このような美容外科医がいるということが情けないです。

② 膝の内側の傷跡が真っ黒で酷いです。おそらく傷口を保護するポートを使用していないのでしょう。傷跡がカニューレの摩擦で色素沈着し、可哀そうです。膝の横に傷穴を空けているのに膝の脂肪吸引がされておらず、膝上と膝内だけ不自然に取り残しがあります。よくこちらの美容外科で膝の吸引をそもそもしていないという話を聞きますが、膝の脂肪吸引をせずに太ももだけ限界まで脂肪吸引したら明らかにバランスおかしくなるのがどうして分からないのでしょうか。これも本当に残念です。

③お尻にある2カ所の傷跡。こちらも日本、韓国問わずよく見る部位の傷跡です。実際私が以前勤務していた美容外科でもここにルーティンで傷を作っていました。確かにここに傷を作ると太ももの外側の吸引がしやすいのですが、明らかに傷跡が目立つので、その後に勤務した美容外科で太ももとお尻の境目の部分の傷跡のみで吸引できるようになりました。ストレートなカニューレだけでは少ない穴の数から滑らかなラインを作るのは難しいので、曲がったカニューレを特注で作って、使用しています。

このように脂肪吸引へのこだわりが仕上がりや傷跡に大きく影響します。

ではここからは術後翌日の経過を載せさせていただきます。さて、希望に近づけたのでしょうか!?

まずは後ろから↓

『技術的格差に気を付けましょう「ボディーの他院修正治療」』の画像

術前は太ももからの連続性がなく、明らかに主張の激しかった臀部でしたが、スッとボディーラインに馴染んで曲線的なラインが出てきました。青い凹みも注入なしでも目立ちにくくなっていますね。

次は前面↓

『技術的格差に気を付けましょう「ボディーの他院修正治療」』の画像

明らかにいびつで左右差の激しい変なラインでしたが、腰から太ももが連続的に滑らかな曲線を描いていますね。

この部分は通常の脂肪吸引ではさほど吸引しない部位ですが、太ももとお腹に合わせるために、可能な限り吸引し、合わせにいきました。かなり難易度の高い内容と思います。

次にお尻↓

『技術的格差に気を付けましょう「ボディーの他院修正治療」』の画像

希望通りのまさに「ぺったんこ」

通常ここまで臀部は吸引しませんが、不自然にならないギリギリまで吸引しました。多少お尻が下がることは伝えていましたが、これくらいなら個人的にセーフかなと思います。

斜めから↓

『技術的格差に気を付けましょう「ボディーの他院修正治療」』の画像

青い部分は注入しないと厳しいと術前に伝えましたが、だいぶ改善はしたものの、完全には隠しきれませんでした。

お尻の下のバナナロールと呼ばれる弛みも少し出ていますが、ご本人の希望を優先しているため、ご納得されています。かなり極端な脂肪吸引ですが、凸凹、シワをなるべく出さずにたくさん吸引して細くするという最も難易度の高い施術となりました。脂肪吸引は非常に奥が深く、ボディーデザインのセンスと経験がモノを言う世界、そう簡単には技術習得ができない施術と思います。私が本当に技術が高いと思う先生は日本に約10人います。その最高ランクのドクター達と遜色ないレベルの施術を提供できるよう日々全力で診療に当たっていこうと思います。