CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  「太ももの脂肪吸引」しっかり細くナチュラルな仕上がりを追究しています!

「太ももの脂肪吸引」しっかり細くナチュラルな仕上がりを追究しています!

脂肪吸引手術の中でも、もっとも高難度な部位はなんと言っても「太もも全周」でしょう! 広範囲で脂肪吸引量も多く、かつ、ヒップとのつながりを綺麗に仕上げる技術が必要になります。では、解説して参ります。

『「太ももの脂肪吸引」しっかり細くナチュラルな仕上がりを追究しています!』の画像

まず、目を見張るのは吸引した脂肪の量です。このボトルで1200ccほどになります。ですからこの症例では純粋な脂肪で3600ccほど吸引されていることになります。これは非常に多い吸引量になりますが、量もさることながら、この脂肪に血の混じりのないとても綺麗な脂肪なのが凄いことなのです!

『「太ももの脂肪吸引」しっかり細くナチュラルな仕上がりを追究しています!』の画像

これだけの脂肪量を吸引された3ヶ月後の経過をご覧ください。一度脂肪吸引を受けたことのある人ならば分かると思いますが、この自然なフォルム、滑らかな皮膚の表面、膝の周りまできっちり吸引されていていることなどは、他のクリニックには出来ないクオリティだと自負しております。

『「太ももの脂肪吸引」しっかり細くナチュラルな仕上がりを追究しています!』の画像

どの角度から見ても、とても自然で元々このような体型であったかのようなナチュラルさです。膝の脂肪吸引も含めて、この範囲の脂肪吸引をするのに穴をあけるのは左右の鼠径部、左右のヒップと太ももの境目のしわの中の計4ヶ所しか皮膚切開しません。これも当院独自のカニューレ技術によるものです。

『「太ももの脂肪吸引」しっかり細くナチュラルな仕上がりを追究しています!』の画像

「もっととれる脂肪がある!」とおっしゃる方がいるかも知れません。しかし、私の経験から、一度の脂肪吸引でこれ以上吸引しますと皮膚のタルミが出て、タルミによる凹凸が目立つようになってしまうのです。

『「太ももの脂肪吸引」しっかり細くナチュラルな仕上がりを追究しています!』の画像

脂肪吸引の脂肪は、ブドウ(フルーツの)の房からブドウの実を引きちぎって吸引するようなものですが、強引に行うと毛細血管も引きちぎれて内出血が多くなります。当院ではベイザーをじっくりあて、なるべく細いカニューレと低い吸引圧で丁寧に吸引する術式を採用しており、内出血が出ない訳ではありませんが、極端に少ない脂肪吸引を実現しています。

太ももの脂肪吸引をお考えの方は是非当院にご相談にいらして下さいませ!お待ちしております。