CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  シリコンバック豊胸でしっかりサイズアップ、左右差解消の技あり豊胸術!

シリコンバック豊胸でしっかりサイズアップ、左右差解消の技あり豊胸術!

今回ご紹介する症例は、シリコンプロテーゼによる豊胸です。美しい仕上がりの裏にどのような手術のテクニックがあるのかを解説して参ります。

『シリコンバック豊胸でしっかりサイズアップ、左右差解消の技あり豊胸術!』の画像

手術前の胸の大きさには、写真ではそれほど大差が無いように見えますが、実際にはボリュームや皮膚のタルミ感に大きな差がありました。当院ではこのボリュームの違いを図り、その差を80cc前後と見積もりました。

『シリコンバック豊胸でしっかりサイズアップ、左右差解消の技あり豊胸術!』の画像

当院では、患者様ご希望のシリコンバック(モティバ®やベラジェル®など)を注文して取り寄せています。その製造メーカーのカタログから「胸の左右差」と患者様の「ご希望のバストサイズ」を考慮して右335cc、左260ccのバックを用意しました。術後をご覧ください!これにより見事に左右差の無いバストが出来上がっています。

『シリコンバック豊胸でしっかりサイズアップ、左右差解消の技あり豊胸術!』の画像

そして、シリコンバックの挿入方法(挿入するレイヤー)ですが、ここまで大きくする場合は、将来的に乳房が下に垂れ下がるのを防止する目的もあり「大胸筋下法」で挿入しています。大胸筋とその筋膜がシリコンバックを上から包み込み乳房が下垂するのを防いでくれるのです。

『シリコンバック豊胸でしっかりサイズアップ、左右差解消の技あり豊胸術!』の画像

↑1週間目の抜糸の時ですが、ほとんどダウンタイムの内出血は消えています。

『シリコンバック豊胸でしっかりサイズアップ、左右差解消の技あり豊胸術!』の画像

腋窩の傷も当院では業界最小の傷業界最高の美しい傷を目指しているのですが、バックサイズが300cc以下ならおおよそ2.5cm程度。300cc以上でも3.5cm以下と非常に小さい傷で手術をしております。しかもその傷も、ご覧のように腋窩の最も奥になった部分を切開していますので非常に目立ちにくい切開線になっています。

そして、シリコンバック豊胸の挿入方法には大きく分けて

① 乳腺下法

② 大胸筋下法(筋膜下法も含める)

があります。その患者様に応じた方法を当院では提案しています。この方法のメリット、デメリットも話し合ったうえで、最も適した方法を選択できるクリニックです。

豊胸をお考えの方はぜひ当院に、まずはカウンセリングにお越しくださいませ。


<施術料金>
シリコンバッグ豊胸(Motiva 左265㏄ / 右335㏄)¥880,000
全身麻酔  ¥220,000
※ケラーファンネル使用(無料)
(※全て税込み価格です)

<バッグの種類>
ベラジェル  ¥660,000
Motivaモティバ(300㏄まで)¥770,000
Motivaモティバエルゴノミクス  ¥880,000
Motiva300㏄以上  ¥990,000

〔施術の副作用(リスク)〕 術後には浮腫、内出血、拘縮、凸凹、傷感染等が出現する可能性があります。経過で不安を感じた方はすぐにご連絡下さい。