CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  バッカルファットで左右差改善

バッカルファットで左右差改善

バッカルファット除去+エラボトックス注射_術後1ヶ月

輪郭で左右差のある方は実は結構多いです。

その原因が

①  骨格(生まれつきの場合が多い)
②  筋肉(左右で噛み癖が違うため)
③  バッカル(量は同じでも左右で下がり具合が違う)
④  皮下脂肪(基本的に左右で違うことは少ない)
⑤  皮膚のたるみ(基本的に左右で違うことは少ない)

と色々あります。いくつかの施術を組み合わせることで左右差を改善する必要がある場合もあります。

今回は左右差はそこまで目立たないので、バッカルを左右で調整するパターンでシンプルに行いました↓

『バッカルファットで左右差改善』の画像

脂肪量が1.5倍くらい、バッカルの位置も左右で違います。

『バッカルファットで左右差改善』の画像

左右差改善していますね。向かって右側(患者様の左側)の方がバッカルが下まで落ちてきていたので多めに取っています。

『バッカルファットで左右差改善』の画像

笑った状態も少しスッキリしていますね。

『バッカルファットで左右差改善』の画像

コケないように加減して脂肪を除去していますので、丁度よい仕上がりになっていると思います。

『バッカルファットで左右差改善』の画像

口元のもたつきが良くなっていますね☆ 糸リフトなしでも改善していますが、リフトアップを加えるとさらに良くなるでしょう。

バッカルファットの適応や左右差の調整はかなり慣れているドクターでないと難しいので、まずは専門的な診察を受けにお越しくださいね☆