CASE

二重全切開法 の症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  腫れを最小限に!半永久的な二重を全切開で手に入れましょう!

腫れを最小限に!半永久的な二重を全切開で手に入れましょう!

二重全切開+たるみ取り_術後1ヶ月

埋没が取れてしまったため、全切開二重術を希望される方は多いです。今回ご紹介する方は、半年前に他院で埋没とまぶたの脂肪取りをされましたが、食い込みが浅くなったため全切開二重術を希望されました。幅はしっかりとしたやや広めの二重を希望され、平行型よりのMIX型希望でした。

まぶたの組織量が少なく、開瞼も良いので、

①均等な幅でしっかりと後戻りしない食い込みを作ること

②目を閉じたり開けたりしても自然な食い込みを作ること

をしっかり意識して施術しました。施術前の状態です↓

『腫れを最小限に!半永久的な二重を全切開で手に入れましょう!』の画像

術前は二重のラインに左右差があり、左側は食い込みが弱いために三重になっています。

『腫れを最小限に!半永久的な二重を全切開で手に入れましょう!』の画像

デザインは、切開の幅としては 少し広めの 8.5 mm 、組織量が少なく、開瞼も良いのでこの幅でも不自然なハム目にはなりません。以前の埋没の時に脂肪取りをしていたため、余分な脂肪はありませんでした。

『腫れを最小限に!半永久的な二重を全切開で手に入れましょう!』の画像

施術中に取った埋没糸です。これだけまぶたに入っていると開瞼抵抗の原因にもなりますので切開をする際は埋没の糸は抜糸します。

『腫れを最小限に!半永久的な二重を全切開で手に入れましょう!』の画像

施術動画は荒井医師のInstagramやwomクリニック公式youtubeもご覧ください^^

『腫れを最小限に!半永久的な二重を全切開で手に入れましょう!』の画像

全切開はダウンタイムが少し長めですが抜糸の後はお化粧できますので、だいたい 1 週間 ほど見ていただければ大丈夫かと思います。

『腫れを最小限に!半永久的な二重を全切開で手に入れましょう!』の画像

食い込み具合も丁度よく、とても自然ね経過ですね♪

食い込みは中縫いの時に毎回目の開きやまつ毛の角度を確認しながら適切な食い込みを作っていきます。食い込みが弱いと取れやすくなりますし、食い込みが強すぎると不自然な印象になります。

目を閉じたときの傷の状態です↓

『腫れを最小限に!半永久的な二重を全切開で手に入れましょう!』の画像

切開ラインの傷は徐々に目立ちにくくなり、半年ほどでぼこつきなども良くなっていきます☆

『腫れを最小限に!半永久的な二重を全切開で手に入れましょう!』の画像

真横から見ると、食い込みがしっかりあり、まつ毛の角度も上がっているのがわかりますね(^^)

まつ毛の生え際もしっかり見えています☆二重全切開は腫れやすい施術ですが、腫れを最小限に抑えるような工夫をいくつもしておりますのでまずはカウンセリングにお越しください(^^)


<こちらの施術を動画で詳しく知りたい方はこちら♪↓>
【前編】https://wom-clinic.com/movie/18509/
【後編】https://wom-clinic.com/movie/18514/


<施術料金>
二重全切開                     ¥330,000
上まぶたのたるみ取り ¥220,000
静脈麻酔                         ¥110,000
(※全て税込み価格です)

〔施術の副作用(リスク)〕
術後には浮腫み、内出血、左右差等が出現する可能性があります。経過で不安を感じた方はすぐにご連絡下さい。