CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  内出血・腫れを少なく、そして美しく「ふくらはぎの組み合わせ治療」

内出血・腫れを少なく、そして美しく「ふくらはぎの組み合わせ治療」

ふくらはぎ 脂肪吸引 術中

統括医師の深堀です。ふくらはぎの治療についてです。

脂肪吸引とボトックスを組み合わせる治療が最もポピュラーです↓

『内出血・腫れを少なく、そして美しく「ふくらはぎの組み合わせ治療」』の画像

脂肪は両側で300cc吸引、ボトックスは両側で200単位注入しています。

術前でも十分細いと思いますが、ご満足いただけるようしっかりと吸引しました!

施術直後の様子です↓

『内出血・腫れを少なく、そして美しく「ふくらはぎの組み合わせ治療」』の画像

ふくらはぎの脂肪吸引はかなり難易度が高い部位です。脂肪吸引が終わった後、紫色になっていると表層の脂肪の取りすぎ、色素沈着、凸凹になり、結果が悪くなります。上の様子を見ると、ほぼ紫の部分はないですね。完全にペラペラにするのではなく、ほんの数ミリ薄っすら表層の脂肪を均一の残して残り90%綺麗に吸引するという高い技術が求められます。最後の10%は量にするとわずか20-30cc、このわずかな量を残すのは1000人近いボディーの脂肪吸引のトレーニングが必要と思います。傷跡も膝裏のみ、曲がったカニューレで3次元的に吸引するので、なめらかで綺麗な仕上がりを実現できます☆

術後の色素沈着、凸凹、浮腫が起きやすく、一般的な美容外科では断られるケースも多いと聞きます。

私の施術を受けた方は顔、二の腕、腹部、腰、太ももと次々と脂肪吸引をされ、最後にふくらはぎで終了する方が多いです。脂肪吸引の卒業式で、最後の仕上げをする感じ( ;∀;)

今回の方は芸能関係の方で、太もも以外は全身すべて私の作品です笑

最初に韓国で有名な先生を探して太もも165万かかったと聞きました、、日本より高いやん、、

それ以降全身私が担当させていただき、ご満足いただきました!さて、卒業オペ、どうなったでしょうか?

1週間後です↓

『内出血・腫れを少なく、そして美しく「ふくらはぎの組み合わせ治療」』の画像

内出血ほぼなし、凸凹なし、色素沈着の兆しなし、経過良好です☆

ボディーの脂肪吸引で満足いく経過や仕上がりになっていない方、次は満足させてみせますので、ご相談くださいね(^^)