CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  ぽっこり脂肪にさようなら、左右差も改善しています「バッカルファット術」

ぽっこり脂肪にさようなら、左右差も改善しています「バッカルファット術」

小顔治療
バッカルファット ダウンタイム

小顔マイクロリポ法と糸リフトも適応があったのですが、ご希望によりまずはバッカルファットとエラボトックスの施術をお受けいただきました↓

『ぽっこり脂肪にさようなら、左右差も改善しています「バッカルファット術」』の画像

経過です↓

『ぽっこり脂肪にさようなら、左右差も改善しています「バッカルファット術」』の画像

顔の左側 (写真の右側)の方が術前から明らかに出ており、左右差があるタイプですね。

術後は左右ともに改善していますが、左右差は多少は残っています。

笑った時を見てみましょう↓

『ぽっこり脂肪にさようなら、左右差も改善しています「バッカルファット術」』の画像

かなり改善していますね! 私の経験上ですが、バッカルファットや皮下脂肪の左右差は基本的にないです。

つまり、顔面の左右差は皮下脂肪やバッカルファットなどの脂肪組織ではなく、咬筋(エラ)や下顎骨・頬骨・親知らずなどの骨格による影響が原因のことがほとんどです。今回のように左右同じ量のバッカルファットを除去したのに左右差が改善するという不思議なことも美容外科医としてはよく経験します。フェイスライン治療は奥が深いので、どこまでも追及していこうと思っています。

〔料金〕
バッカルファット  20万円
糸リフト 1本 2.5万円

〔施術の副作用(リスク)〕
術後には浮腫、内出血、拘縮等が出現します。経過で不安を感じた方はすぐにご連絡下さい。