CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  弛み気味の方は糸リフトが必要「小顔組み合わせ治療」

弛み気味の方は糸リフトが必要「小顔組み合わせ治療」

小顔治療
小顔 脂肪吸引 ダウンタイム

脂肪吸引と糸リフトの組み合わせ治療についてです。

『弛み気味の方は糸リフトが必要「小顔組み合わせ治療」』の画像

皮下脂肪は30cc弱、しっかりと吸引しています。

たるみがあるタイプなので、糸リフトが重要な役割を果たします。

術後2日目です↓

『弛み気味の方は糸リフトが必要「小顔組み合わせ治療」』の画像

もたつきが改善していますね☆ 脂肪吸引単独よりも良い経過です!

斜めから↓

『弛み気味の方は糸リフトが必要「小顔組み合わせ治療」』の画像

シャープなラインがでていて、印象がかなり変わりましたね!! 術後2日目で仕事に行けちゃいますね☆

糸リフトは脂肪吸引後のたるみを抑え、引き上げることで仕上がりを良くしてくれる重要な役割を果たしてくれます。

糸自体は吸収されますが、脂肪吸引後の皮膚を引き上げた状態で癒着させることで、術後のたるみを大幅に軽減してくれるので、30歳以上の方には必須と説明させていただいております。過去に糸による施術を受けられた方などで、糸への不信感や嫌悪感を持たれている方も多いと思いますが、当院での糸リフトは違和感や不自然な印象にならないのでご安心くださいね(*^-^*)