CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  高難度!他院の鼻術後の修正+骨切り幅寄せの複合手術

高難度!他院の鼻術後の修正+骨切り幅寄せの複合手術

他院で鼻尖形成手術と小鼻縮小手術を数年前に受けた方です。その他院での術後の変化は小さくあまり実感できなかったばかりか、鼻孔のゆがみや左右差が出たので、今回はそれを修正しつつ、鼻全体の大きさを小さくし、かつ鼻全体の高さを出したいという非常に難しい命題をいただきました。

『高難度!他院の鼻術後の修正+骨切り幅寄せの複合手術』の画像

『高難度!他院の鼻術後の修正+骨切り幅寄せの複合手術』の画像

術前の鼻の状態は鼻根部が低く、鼻骨部の太さが鼻の存在感を持たせています。側面で見ると、鼻背の傾斜が途中から角度が変わって高さがないので、太さもあいまってコアラの鼻のようになっています。前医に対しても、耳介軟骨を用いてこれを改善するように注文されたようですが、この部分はほぼ変化がなかったとのことです。小さな変化に思えるかも知れませんが、この鼻尖を作り上げることは鼻の専門医でも非常に難しいのです。

『高難度!他院の鼻術後の修正+骨切り幅寄せの複合手術』の画像

下からの煽り写真では、前医での手術後の鼻孔の左右差やゆがみ、鼻尖の曲がり小鼻縮小の傷跡などが患者様の悩みでした。今回はこの状態に対し

鼻骨骨切り幅寄せ手術(←鼻すじを細くする)

②プロテーゼ隆鼻術(←鼻根部から細くエレガントな鼻すじを作る)

耳介軟骨を用いて鼻尖形成(←ツン!とした鼻先と鼻孔の左右差を軟骨で修正)

というストラテジーで臨みました。全身麻酔かつクローズ法で行っております。

『高難度!他院の鼻術後の修正+骨切り幅寄せの複合手術』の画像

他院修正手術は、初回手術よりも癒着があったり、前医がどのような手術をしたかを確かめながら術野を剥離展開する必要があり、それだけでも非常に難しいところですが、これもすべてクローズ法で行うことは至難の技だと言っても過言ではないと思います。

鼻骨の骨切り幅寄せ手術は、細くすっきりとした鼻すじにするには必要であることが、手術前後の写真を比べるとはじめて明確になります。今回、同時に鼻骨のハンプも薄く切除しております。

『高難度!他院の鼻術後の修正+骨切り幅寄せの複合手術』の画像

鼻尖形成には当院独自のノウハウがあります。単に軟骨を載せる(オンレイグラフト)するだけでは、鼻柱の軟骨が曲がって高さが出ないので、鼻柱ストラットを立てて、その上で鼻尖に軟骨を数枚載せて沈み込まないようにしています。

ちなみに当院では、プロテーゼはI型プロテーゼを用いており、鼻尖までプロテーゼで高くすることはありません。鼻尖は必ず軟骨を用いてコンツールを出しています。(将来的な突出防止のため)

鼻背の美しい傾斜を作り上げているプロテーゼと鼻尖ですが、プロテーゼと鼻尖軟骨の境目が自然に繋がるように、独自の技術と工夫が凝らされています。

他院修正は術後に、鼻孔のわずかなゆがみや鼻尖の曲がりが若干残ることがあります。今回のこの程度は許容範囲内だとご容赦願っております。

また当院では、可能な限りクローズ法で行う努力をしておりますが、どうしても展開が困難な場合には、手術中の判断でオープン法に切り替えさせていただく同意を得て手術を行っております。