CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  「鼻骨骨切り+鼻尖形成+小鼻縮小」限界まで鼻を縮小します!

「鼻骨骨切り+鼻尖形成+小鼻縮小」限界まで鼻を縮小します!

鼻骨骨切り幅寄せ、忘れ鼻_ダウンタイム鼻骨骨切り幅寄せ、忘れ鼻_ダウンタイム

「忘れ鼻」
「存在感の無い鼻」

にしたいと言う場合に用いられる手術には、鼻が大きいと思わせている部位ごとに施術を分類すると、以下になります。

①  鼻骨が大きい      ⇒     鼻骨骨切り幅寄せ術

②  鼻先が太い / 団子鼻    ⇒     鼻尖形成術

③  鼻翼が張っている     ⇒     鼻翼縮小術

今回はこの3つの手術を同時に行って、しっかりと鼻を小さくした症例をご紹介します。

『「鼻骨骨切り+鼻尖形成+小鼻縮小」限界まで鼻を縮小します!』の画像

鼻翼の切除幅はこれでたった3mmです。傷の目立たない内側法を採用しています。

『「鼻骨骨切り+鼻尖形成+小鼻縮小」限界まで鼻を縮小します!』の画像

手術の内容を詳しくご説明しますね。

まず、鼻骨が大きい 時に「鼻骨骨切り幅寄せ術」を行って、鼻の上半分を小さくします。ワシ鼻でハンプが大きな人は「ハンプ骨切り」も併用します。この手術だけでも、かなり鼻が小さくなった印象になります。

『「鼻骨骨切り+鼻尖形成+小鼻縮小」限界まで鼻を縮小します!』の画像

次に、「鼻先が太い、団子鼻だ」の人には「鼻尖形成術」です。

大きく広がった大鼻翼軟骨を、一旦すべて剥離して、小さくまとめるように縫合し、鼻尖を小さくします。この時に、少し高くツンとした状態にしたい人は耳の軟骨移植を行います。今回は、鼻尖を小さくするだけなので耳の軟骨は移植していません。

『「鼻骨骨切り+鼻尖形成+小鼻縮小」限界まで鼻を縮小します!』の画像

そして鼻翼が張って鼻の穴が大きな人には「鼻翼縮小術」です。これには様々な方法がありますが、当院では傷の目立たない内側法をまず行っております。皮脂腺の多い皮膚の外側に傷を作るとかなり目立つ瘢痕になるからです。

『「鼻骨骨切り+鼻尖形成+小鼻縮小」限界まで鼻を縮小します!』の画像

この症例では、鼻尖形成鼻翼縮小をすることで、限界ギリギリまで鼻の穴を小さくしています。当院の基本的な方針としては、鼻の穴の径8mm以下にならないようにしています。

『「鼻骨骨切り+鼻尖形成+小鼻縮小」限界まで鼻を縮小します!』の画像

施術中の写真では、すべてのパーツを小さくしたような鼻になっていますね。施術中、施術後は腫れがあるので鼻の穴がより小さく見えます。

当院では、この基本的な手術を、すべて一日で、全部まとめて済ませることも可能ですが、それぞれ単品で施術することも可能です。ひとつひとつの施術の効果を確かめながら理想の鼻を作り上げることも可能ですし、「痛い思いは一度きり!」と言う考え方で、全身麻酔ですべての手術を一度にしてしまうことも可能です。

ひとりひとりの患者様に合ったやり方や手術方法を提案しております。

<施術料金>
鼻骨骨切り幅寄せ¥440,000
鼻尖形成¥330,000
(※こちらの患者様は軟骨移植はされていません)
小鼻(鼻翼)縮小術¥220,000
全身麻酔¥220,000
(※全て税込み価格です。)
※傷跡はclose法の場合は鼻の穴だけですので目立ちません。

〔施術の副作用(リスク)〕
術後には浮腫み、内出血、感染、曲がり等が出現する可能性があります。経過で不安を感じた方はすぐにご連絡下さい。
※ダウンタイム(ギプス装着)1週間