CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  『 頬コケ治療 』にはヒアルロン酸ではなく脂肪注入がオススメです

『 頬コケ治療 』にはヒアルロン酸ではなく脂肪注入がオススメです

頬コケ脂肪注入+糸リフト_術後4ヶ月ダウンタイム

頬コケ・額・コメカミ は脂肪注入の人気部位です。当院では脂肪の保存も可能なので、2回注入も可能です。小顔治療と同時に脂肪注入を受けられた方をご紹介します↓

『『 頬コケ治療 』にはヒアルロン酸ではなく脂肪注入がオススメです』の画像

4ヶ月後です↓

『『 頬コケ治療 』にはヒアルロン酸ではなく脂肪注入がオススメです』の画像

フェイスラインかなり変わりましたね! 頬コケは1回の注入でも十分に改善していますね☆

頬骨が大分目立ちにくくなっているのがお分かりいただけると思います。

『『 頬コケ治療 』にはヒアルロン酸ではなく脂肪注入がオススメです』の画像

正面から見てもフェイスラインが卵型に近くなっていますね☆

Vライン・卵型のラインなどの理想的な輪郭に近づけるようご提案させていただいております。まずはカウンセリングにお越しくださいね(^^)


<施術料金>
頬と顎下の脂肪吸引(マイクロリポ法)¥330,000
糸リフト6本(吸収性の糸リフト)¥165,000(8本¥220,000、10本¥275,000)
頬こけ脂肪注入¥165,000
額・こめかみ脂肪注入¥330,000
採取・加工料¥110,000
静脈麻酔¥110,000
(※全て税込み価格です)


〔施術の副作用(リスク)〕
術後には浮腫、内出血、拘縮等が出現します。経過で不安を感じた方はすぐにご連絡下さい。