CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  二重全切開他院修正の症例『 まぶたの開き具合と食い込みの調整 + 余分な組織の除去 』

二重全切開他院修正の症例『 まぶたの開き具合と食い込みの調整 + 余分な組織の除去 』

二重前切開+他院修正、術後1ヶ月

二重切開後の修正相談も増えています。二重切開と言っても、内部の処理をほとんどせず、脂肪も除去しない通称『 なんちゃって切開 』の手術をする先生が特に大手の美容外科で多いと感じています。内部の食い込みを作らず、脂肪の除去もしなければ、埋没法の手術とほとんど変わらない結果になることが多いです。

高額な費用で休みも取って二重切開の施術をしたのに

食い込みが弱く、パッチリした目になっていない
1年もしない内に二重のラインが戻ってしまった
まぶたの厚ぼったさがあまり改善していない

など、結果に満足していない方も多くいらっしゃいます。二重切開の施術は非常に奥が深く、どんなベテランの先生でも100%患者さんが満足する施術ができる訳ではなく、2ー3割は再手術や微調整が必要になる場合があります。今回は修正症例をご紹介します↓

『二重全切開他院修正の症例『 まぶたの開き具合と食い込みの調整 + 余分な組織の除去 』』の画像

過去に他院で二重全切開と目頭切開の施術を受けられた方で、まぶたの厚ぼったさと二重幅を広げたいというご相談で再手術することになりました。デザインは初回手術の傷跡を含むように皮膚施術を行い、残っている眼窩脂肪、roof 脂肪を除去し、眼瞼挙筋も程よく引き上げしました。

『二重全切開他院修正の症例『 まぶたの開き具合と食い込みの調整 + 余分な組織の除去 』』の画像

術後1ヶ月なので、まだ少し不自然な感じがありますが、3ヶ月程度で馴染んできます。食い込みがしっかりとでき、まぶたの重さもかなり改善していますね。

『二重全切開他院修正の症例『 まぶたの開き具合と食い込みの調整 + 余分な組織の除去 』』の画像

横から見た印象がかなり変わりましたね!

『二重全切開他院修正の症例『 まぶたの開き具合と食い込みの調整 + 余分な組織の除去 』』の画像

術前は食い込みが中央部分のみであったのに対して、術後は全体的に食い込みが均等に入るようになっています。1ヶ月ですと食い込みが少し強めに出ていますので、半目の時は不自然さがありますが、3ヶ月程度するとかなりナチュラルな食い込みに馴染んできます。修正手術だとダウンタイムが長そうと思われる方が多いと思いますが↓

『二重全切開他院修正の症例『 まぶたの開き具合と食い込みの調整 + 余分な組織の除去 』』の画像

直後、1週間後と術後の腫れは一般的な二重切開術に比べて少ないのではないかと思います。内部の食い込みを作る処理をしっかりと行い、脂肪も十分に除去しても腫れを最小限に抑える工夫をしていますので、

過去に埋没法を2ー3回しても理想の二重にならなかった方
年齢と共にまぶたの重さが気になるようになってきた方
過去に二重切開の施術を受けたが形が気に入っていない方

思い切って切開の施術を検討してみてもいいかもしれません。切開の場合はデザインがとても重要です。しっかりとカウンセリングでご希望を聞かせてくださいね。


<こちらの施術を動画で詳しく知りたい方はこちら♪↓>
https://youtu.be/JcflwlTt0qY


<施術料金>

二重全切開¥330,000

二重全切開(挙筋短縮)¥495,000

他院修正費用¥55,000~

(二重全切開の際にまぶたの開きを良くする施術)

局所麻酔¥55,000

※全て税込み価格です

〔施術の副作用(リスク)〕

術後には浮腫み、内出血、左右差等が出現する可能性があります。経過で不安を感じた方はすぐにご連絡下さい。