CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  徹底的にこだわっています!「二重埋没4点法」

徹底的にこだわっています!「二重埋没4点法」

二重埋没法 ダウンタイム 直後

統括医師の深堀です。今回は埋没法について。

症例です↓

『徹底的にこだわっています!「二重埋没4点法」』の画像

術前の左右差が結構目立ちますね。元の二重幅は右6mm左10mmとなっていましたので、左右とも8mmで二重埋没4点法をしました。腫れ・内出血が全くなく、良い感じです☆

埋没法の適正な幅は7-8mm、広すぎても良い仕上がりになりません。

① 平行型になりたい

② 幅を広くしたい

このような希望の方には私は埋没法はお勧めしていません。糸で止めるという埋没法の施術の特性から、自分の自然な目に合わせて「ナチュラルなラインを作る」ことが正解だと考えているからです。広い幅で埋没法をしてしまったかた、技術力の低い美容外科で安易に埋没法を受けて後悔している方、多くの方がプチ整形だからどこで受けても大差ないと思っているようですが、二重埋没法こそ「美容外科医の本質が問われる」施術だと考えています。熟練の美容外科医ほど声をそろえて埋没法が非常に奥が深い施術だと言うのを耳にします。二重のご相談もお待ちしていますね☆