CASE

鼻骨骨切り幅寄せ術 鼻尖形成術 の症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  骨切り幅寄せ+鼻尖形成、当院の得意技を解説します!

骨切り幅寄せ+鼻尖形成、当院の得意技を解説します!

鼻尖形成

今回解説しますのは、鼻骨骨切り幅寄せ手術鼻尖形成術です

『骨切り幅寄せ+鼻尖形成、当院の得意技を解説します!』の画像

これは手術直前と直後を、写真で確認するために撮ったものです。骨切り幅寄せ術により鼻骨部分の幅が見事に細くなっています。鼻根部から鼻の3分の2くらいまでの術後の鼻の太さが細くスッキリしているのが一目瞭然ですね。こ骨切り幅寄せ手術では基本的に高さは変わりません。鼻骨ハンプが少し飛び出ている人(鷲鼻気味の人)は、ここを少々削りますので、この部分だけ若干低くなりますが、全体的に細くスッキリストレートになります。

それに合わせて鼻尖も細くしています。すべてクローズ法です。

術後のダウンタイムが気になりますよね。まずギプスが2週間です。2週間目にはほとんどの腫れや内出血が消退しているので、人前に出るのに何の支障もありません。骨切りした骨が固まるのにおおよそ一ヶ月です。むくみも含めてダウンタイムが完全になくなるのにおおよそ3ヵ月です。

<施術料金>
鼻骨骨切り幅寄せ¥440,000
鼻尖形成(耳介軟骨移植)¥550,000
全身麻酔¥220,000
(※全て税込み価格です。)

〔施術の副作用(リスク)〕
術後には浮腫、内出血、拘縮等が出現します。経過で不安を感じた方はすぐにご連絡下さい。