CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  大きなニンニク鼻を、なるべく自然な感じで小さくしたい!

大きなニンニク鼻を、なるべく自然な感じで小さくしたい!

鼻骨骨切り幅寄せ + ハンプ削り + 鼻尖形成耳介軟骨移植 + 小鼻縮小(内側法 + ケーブル法)   の施術をお受けいただいた方です↓

『大きなニンニク鼻を、なるべく自然な感じで小さくしたい!』の画像

顔の真ん中に「ニンニク」のような存在感のある大きな鼻が悩みの患者様でした。これに対して、「小さな鼻」にするための手術をフルメニューで受けていただきました。

これは、ギプスを外して、抜糸をした1週間目の写真です。これでもダウンタイム中なのです。ちなみに、この手術で一番目目立つダウンタイムの特徴は下まぶたに出る骨切り術後の内出血なのですが、この方には奇跡的にほぼ内出血が出ていません。

『大きなニンニク鼻を、なるべく自然な感じで小さくしたい!』の画像

小さな鼻にするために、鼻の上部はハンプをうすく削り、鼻骨を骨切りして中心方向に移動させています。鼻尖は、軟骨を一度すべて剥離して、大きく張っている部分をトリミング(切除)し、軟骨の上に乗っている脂肪を可能な限り薄く切除しています。

『大きなニンニク鼻を、なるべく自然な感じで小さくしたい!』の画像

鼻尖を美しく形成するために、広がった左右の大鼻翼軟骨を「鼻を指でつまみ上げたような」状態で縫合します。さらに耳介軟骨を数枚重ね合わせたものを鼻尖に縫い付けて、このツン!とした形を出しています。鼻の皮膚が非常に分厚い方でしたので細くするのはこれが限界でした。これ以上薄くすると皮膚が軟骨に張り付いたような感じになり、自然さがなくなります。

『大きなニンニク鼻を、なるべく自然な感じで小さくしたい!』の画像

小鼻は、肉厚の小鼻の内側を切り取って、両側の小鼻をケーブルで縫合して、鼻の幅を若干ですが小さくしています。内側法はごらんのように最も傷の目立たない方法ですので、当院ではできる限りこの方法で小鼻を小さくしています。

手術直後の写真では、鼻の穴が小さくなり過ぎの感じがありますが、麻酔液で腫れているためで、一週間目の写真ではより自然で形のいい鼻の穴になってきてますね。完全に腫れ・むくみが取れてくるともっと自然な鼻孔になっていきます。

鼻の複合手術は非常に難しいものです。鼻骨骨切り幅寄せ、鼻尖形成(耳介軟骨移植)、小鼻縮小を全身麻酔をかけて一度に全部、しかもクローズ法で行えるクリニックはそう多くはありません。今回は行っていませんでしたが、アップノーズの人には、これに加えて鼻中隔延長手術を行うことも珍しくありません。

鼻の複合手術をお考えの方は、ぜひ一度はカウンセリングにいらっしゃてみてください。