CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  20代のうちに目の下クマのふくらみ取っちゃいましょう

20代のうちに目の下クマのふくらみ取っちゃいましょう

目の下脂肪取り、クマ取り_術後1ヶ月ダウンタイム

目の下脂肪取りの施術を受けられた方です↓

『20代のうちに目の下クマのふくらみ取っちゃいましょう』の画像

比較的しっかりめに脂肪を取っています。ビフォーアフターです↓

『20代のうちに目の下クマのふくらみ取っちゃいましょう』の画像

印象良くなりましたね☆ クマがあると老けて見られてしまうので、20代でも悩んでいる方が多いです。

『20代のうちに目の下クマのふくらみ取っちゃいましょう』の画像

すっきりした印象になって、お化粧で隠さなくてもクマが気にならなくなります(^^)

『20代のうちに目の下クマのふくらみ取っちゃいましょう』の画像

施術翌日の様子がこちら↓

『20代のうちに目の下クマのふくらみ取っちゃいましょう』の画像

充血はありますが、明らかな内出血や腫れはないですね。ダウンタイムも最小限に抑える工夫をしています。

30代以降で脂肪取りをすると、窪みが出ることがありますので、その場合は脂肪注入をすることでハリを出すことができます。クマ治療のお勧めパターンを以下に説明させていただきます。

20代  → 脂肪取りのみ
30代  → 脂肪取り+少量の脂肪注入
40代  → 脂肪取り+中等量の脂肪注入
50代  → 皮膚のたるみ取りが必要

クマの状態は年々変化するため、その都度適切な治療をすることで若々しい目元を維持することが可能です。

特に痩せ型の方は目の下の窪みやゴルゴラインが目立ちやすいので脂肪注入をすると効果的です。注入によってチークの立体感が出るため、若々しい印象になります。クマ治療も専門的に行っておりますので、気軽にご相談くださいね☆

<施術料金>
目の下脂肪取り¥220,000
静脈麻酔¥110,000
(※全て税込み価格です)

〔施術の副作用(リスク)〕
術後には浮腫、内出血、拘縮等が出現します。経過で不安を感じた方はすぐにご連絡下さい。