CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  非切開目付き矯正の修正治療

非切開目付き矯正の修正治療

非切開目つき矯正 修正

韓国で盛んに行われている「非切開目付き矯正」という謎の施術。これの修正依頼が半端なく多いです。

修正理由は全員「食い込みが強すぎるため」とのこと。

糸を除去することで改善するので、解決法はシンプル。

以下の方もその一人です↓

『非切開目付き矯正の修正治療』の画像

数カ月前に施術を受け、ずっと食い込みが強いまま改善しないと修正を希望されたので、糸を除去することにしました。術前に目を閉じた時に明らかに食い込みが強いのが分かります。目を空けている状態でもかなり浮腫んだ印象で二重幅も広い状態になっています。

除去した糸がこちら↓

『非切開目付き矯正の修正治療』の画像

この方法は連続式に結膜側と皮膚側を縫い、食い込みが強くなる方法です。結膜側(裏側)から挙筋(目の開きを調整する筋肉)をタッキング(縫い縮める方法)をしていますが、むしろ眠そうに見えたり、腫れたような印象になってしまいます。糸を除去した後は目をつむった状態でも食い込みのほとんどないナチュラルな二重になって喜んで頂きました。

流行っているからと言っても、良い治療法ばかりではないので、クリニック選びは慎重にしましょう!