CASE

顎プロテーゼ の症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  Eラインを簡単に作る方法、平均的なサイズのプロテーゼを入れた場合をご紹介します

Eラインを簡単に作る方法、平均的なサイズのプロテーゼを入れた場合をご紹介します

顎オーダーメードプロテーゼ+顎先ボトックス注射_ダウンタイム

Eラインを綺麗にすると横顔の印象が変わります。当院の人気施術『 顎プロテーゼ 』の症例を解説したいと思います↓

『Eラインを簡単に作る方法、平均的なサイズのプロテーゼを入れた場合をご紹介します』の画像

今回使用したプロテーゼは 7.5 mm のサイズ( 10 mm / 8.5 mm / 7.5 mm / 6 mm / 4 mm )と5段階のサイズの真ん中のサイズです。7.5 mm のサイズのプロテーゼを入れたら顎が前に7.5mm出ると思って頂ければOKです。7.5 mm くらいのサイズ感ですと 顔が縦に長くなりにくい ので、当院で一番人気のサイズとなっております。洋服で言えば M サイズって感じです。

『Eラインを簡単に作る方法、平均的なサイズのプロテーゼを入れた場合をご紹介します』の画像

笑った時に顎が少しシャクレるくらい がちょうど良いです。顔が長く見えると心配する方が多いのですが、美人な芸能人の方の笑顔の画像を良く見てみてください。みんな少しシャクレています。石原さとみさんクラスになると結構シャクレてます。少しシャクレるくらいは問題ないので、過剰に気にする必要はありません。サイズを選ぶ際には、鼻の高さも考えて顎をどれくらい出すかバランスが重要です。

『Eラインを簡単に作る方法、平均的なサイズのプロテーゼを入れた場合をご紹介します』の画像

下から見上げた印象はこんな感じです。最も変化が分かりやすいのが横から見た印象です↓

『Eラインを簡単に作る方法、平均的なサイズのプロテーゼを入れた場合をご紹介します』の画像

Eラインが出来ていますね☆ 7.5 mm だと物足りない方はもう少し大きなサイズを入れると良いでしょう。脂肪吸引まですると顎下を更にスッキリさせることが出来ますので、同時施術がオススメです(^^)

『Eラインを簡単に作る方法、平均的なサイズのプロテーゼを入れた場合をご紹介します』の画像

気になる術後のダウンタイムがこちらです↓

『Eラインを簡単に作る方法、平均的なサイズのプロテーゼを入れた場合をご紹介します』の画像

少し黄色くなる程度の内出血は出ることがありますが、マスクやメイクで隠せるレベルに収まることが多いです。仕事は2-3日休めば十分ですので、気軽に施術することが出来ますね☆

『Eラインを簡単に作る方法、平均的なサイズのプロテーゼを入れた場合をご紹介します』の画像

当院では顎プロテーゼのみの施術よりも脂肪吸引を組み合わせた施術を受けられる方が多いので、他の症例も参考になさってくださいね☆

 


<施術料金>
顎オーダーメイドプロテーゼ   ¥330,000
顎先ボトックス注射                 ¥11,000~
静脈麻酔                                     ¥110,000
(※全て税込み価格です)

〔施術の副作用(リスク)〕
術後には浮腫み、内出血、左右差等が出現する可能性があります。経過で不安を感じた方はすぐにご連絡下さい。