WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  切開式フェイスリフト+小顔脂肪吸引+顎先プロテの実力!

顎プロテーゼ フェイスリフト 切開リフト の症例情報

切開式フェイスリフト+小顔脂肪吸引+顎先プロテの実力!

元々お顔の脂肪が多く、顎が後退してて、骨切り手術もしていないのに、タルミが多い方が今回のモニター様です。そんな方の経過をご覧ください。

『切開式フェイスリフト+小顔脂肪吸引+顎先プロテの実力!』の画像

デザインは、青色が脂肪が多い部分で、頬、ジョール、顎下(広め)の脂肪吸引を行うところ、赤色が頬コケのある部分、緑色はフェイスリフトの際に完全に一度剥離を行う部分です。フェイスリフトはコメカミ+耳前スタンダードの二部位になります。

『切開式フェイスリフト+小顔脂肪吸引+顎先プロテの実力!』の画像

皮膚の切り取りは最大で 22mm ほどですね。フェイスリフト鉗子で剥離した皮膚を、限界まで引っ張り上げて、切り取っています。手術直後は「 ぱっつん、ぱっつん 」に張った状態になります。脂肪吸引量は、これで 50cc です。しっかりと吸引出来ていると思います。

顎先には、完全オーダーメイド のプロテーゼを挿入しました。

まず、翌日の経過をご覧ください。傷は生々しいですが、それ以外は「ホントにこれがフェイスリフトの翌日なのか?」と思われるほど、腫れと内出血がありませんね ☆

『切開式フェイスリフト+小顔脂肪吸引+顎先プロテの実力!』の画像

剥離をする際に、出血を極限まで抑えた非常に丁寧なやり方で行っています。翌日の腫れの無さ内出血の紫色の無さが、いかに丁寧な仕事をしたかと言うことを物語っています。

『切開式フェイスリフト+小顔脂肪吸引+顎先プロテの実力!』の画像

では、3ヶ月目の完成の状態を見てください。スッキリと精悍な顔貌になりましたね。

『切開式フェイスリフト+小顔脂肪吸引+顎先プロテの実力!』の画像

頬~フェイスラインのモッタリ感がスッキリなくなっていますね!

『切開式フェイスリフト+小顔脂肪吸引+顎先プロテの実力!』の画像

モッタリしていた頬やフェイスラインがスッキリしましたね。顎プロテの出方も適度に出ていて、上品な口元になりました。

『切開式フェイスリフト+小顔脂肪吸引+顎先プロテの実力!』の画像

傷跡もとても綺麗ですね。耳の傷に関して、耳珠(耳穴の前側の軟骨)の裏側に傷を持ってくるやり方があります。確かに傷が裏になって目立たないのですが、耳珠が前方に引っ張られて、外反している症例をよく見かけます。そうなるとイヤホンがポロリと落ちちゃうので敢えて耳珠よりも前に傷を置いています。

『切開式フェイスリフト+小顔脂肪吸引+顎先プロテの実力!』の画像

傷は、経過とともにほとんどわからないほどになります。皮膚だけではなく SMAS筋膜ごと、しっかり引き上げているので、耳垂(耳たぶ)への影響もほとんどありません。

小顔のための脂肪吸引 や各種の 骨切り手術をしたあと に、どうしてもタルミが出てしまします。タルミを糸で引き上げるのか?、切開式フェイスリフトで引き上げるのか?、選択に迷うところではあります。触ってみて、指で引き上げてみて、「もうこれは切開式フェイスリフトじゃないと、無理だな~!」と思ったら、一度当院の無料カウンセリングにご相談ください。