CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  衝撃の最少ダウンタイム! 引き上げ力抜群 「 切開式フェイスリフト 」

衝撃の最少ダウンタイム! 引き上げ力抜群 「 切開式フェイスリフト 」

フェイスリフト_術後1週間、ダウンタイム

「切開リフトはダウンタイムがヒドイ」
                                  とか
「切開リフトは腫れや内出血ヒドイ」

と思っている方、ダウンタイムを最小限に抑えた切開式フェイスリフトをご紹介します↓

『衝撃の最少ダウンタイム! 引き上げ力抜群 「 切開式フェイスリフト 」』の画像

今回は

「 スタンダードフェイスリフト 」
「 コメカミリフト 」
「 ほほあご脂肪吸引 」

を同時に行っています。施術後のダウンタイムの経過をご紹介します↓

『衝撃の最少ダウンタイム! 引き上げ力抜群 「 切開式フェイスリフト 」』の画像

まず注目していただきたいのは、翌日のダウンタイム(腫れ、内出血)の少なさです。ダウンタイムほぼ「ゼロ」と言っても過言ではありません。特に今の時代、マスクをしていると全く分かりませんね。

『衝撃の最少ダウンタイム! 引き上げ力抜群 「 切開式フェイスリフト 」』の画像

脂肪吸引もしているのに、腫れ・内出血の少なさは当院ならではのハイレベルな経過だと思います。

丁寧に丁寧に皮膚剥離をして、徹底的に止血をする手術技術の結果なのです。当院のフェイスリフトは必ずSMASからしっかりと引き上げております。まずSMASをしっかり引き上げ、その後に皮膚を引き上げます。脂肪吸引をしたことによるタルミもしっかり引き上がっているのが分かりますね。

パリパリに引き上がっています。しかし、皮膚だけで引き上げていると耳垂が引っ張られて変形するのですが、当院のフェイスリフトでは筋膜で引き上げているので、耳垂の変形がほとんどありません。これも当院独自の引き上げテクニックのなせる技なのです。

顔の脂肪吸引ではタルミが出てしまう人(出てしまった人)、糸リフトでは満足できなかった人は、当院の切開式フェイスリフトをご提案致します。是非一度カウンセリングにお越しくださいませ。