CASE

症例情報

WOM CLINIC GINZA TOP > 症例情報 >  ダウンタイム最小「 脱脂+注入 」のコンビネーション治療

ダウンタイム最小「 脱脂+注入 」のコンビネーション治療

目の下脂肪取り、目の下脂肪注入、クマ取り_術後1週間ダウンタイム

目の下脱脂とチーク脂肪注入のコンビネーション治療を受けた方のご紹介です。術前デザイン、採取した脂肪、目の下の除去した脂肪がこちら↓

『ダウンタイム最小「 脱脂+注入 」のコンビネーション治療』の画像

翌日から1週間までの経過を追ってみましょう↓

『ダウンタイム最小「 脱脂+注入 」のコンビネーション治療』の画像

直後から目の下がフラットになってクマが改善し、脂肪注入の際についた針穴が少しだけありますが、大きくは目立ちませんね。翌日内出血が下瞼に少し出ましたが、1週間でほぼ分からなくなります。注入した脂肪はお腹から採取しています↓

『ダウンタイム最小「 脱脂+注入 」のコンビネーション治療』の画像

採取した脂肪を遠心分離して生着率の高い良質な脂肪のみを注入します。採取したお腹の翌日でも、内出血なく、筋肉痛程度の痛みがありますが、痛み止めのお薬で対処できる範囲です。

今回はクマ治療のコンビネーション治療のご紹介を致しました。クマ治療のお勧めパターンを以下に説明させていただきます↓

20代  → 脂肪取りのみ
30代  → 脂肪取り+少量の脂肪注入
40代  → 脂肪取り+中等量の脂肪注入
50代  → 皮膚のたるみ取りが必要

クマの状態は年々変化するため、その都度適切な治療をすることで若々しい目元を維持することが可能です。特に痩せ型の方は目の下の窪みやゴルゴラインが目立ちやすいので20代から脂肪注入をすると効果的です。注入によってチークの立体感が出るため、若々しい印象になります。参考になさってくださいね!


<こちらの施術を動画で詳しく知りたい方はこちら♪↓>
https://wom-clinic.com/movie/2488/


<施術料金>
目の下脂肪取り¥220,000
チーク(目の下)脂肪注入¥165,000
脂肪採取・加工料¥110,000
静脈麻酔¥110,000
※※全て税込み価格です)


〔施術の副作用(リスク)〕
術後には浮腫、内出血、拘縮等が出現します。経過で不安を感じた方はすぐにご連絡ください。