COLUMN

美容整形コラム

WOM CLINIC GINZA TOP  >  美容整形コラム  >  メーラーファット除去|メリット・デメリット・ダウンタイムなどを解説

メーラーファット除去|メリット・デメリット・ダウンタイムなどを解説

小顔治療メーラーファット除去
公開日:2023年04月24日(月) 最終更新日:2023年04月25日(火)
メーラーファット除去|メリット・デメリット・ダウンタイムなどを解説

メーラーファット除去は、頬のたるみほうれい線を解消したい方に適した施術です。頬のたるみやほうれい線といった年齢サインが早く出ると、実年齢よりも老けた印象を与える場合があります。

治療を検討しているものの、ダウンタイムや傷跡などに不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、年間1,000件以上の実績があるWOMクリニックがメーラーファット除去の特徴やメリット・デメリット、ダウンタイム、施術の流れなどについて詳しくご紹介します。

『メーラーファット除去|メリット・デメリット・ダウンタイムなどを解説』の画像

この記事の監修ドクター

医師 (WOM CLINIC GINZA 

今すぐ、メーラーファット除去の施術に詳しい医師に相談したい方は、下記からLINEでお気軽にご相談ください。

そもそもメーラーファットとは

そもそもメーラーファットとは

メーラーファットとは、ほうれい線からゴルゴラインにかけて存在する皮下脂肪です。ちょうど、チークを塗るあたりにある皮下脂肪のため、これが加齢の影響で垂れ下がると顔の印象に大きな影響を与えてしまいます。

頬のたるみだけではなくほうれい線が深くなり、実年齢よりも老けた印象になります。このメーラーファットの量には個人差があり、多くなればなるほどに垂れ下がりやすいことが特徴です。

上記のイラストのように、若いうちは頬の上にあるものの、加齢によってコラーゲンやエラスチンといった弾力成分が失われると下垂してくるのです。

メーラーファット除去とは

メーラーファット吸引とは

メーラーファット除去とは、鼻腔内を小さく切開してカニューレと呼ばれる細い管を挿入し、皮下脂肪を吸引する施術です。
これにより、頬のたるみやほうれい線が改善するため、見た目が若くなります

脂肪吸引は、さまざまな場所の皮下脂肪を吸引する施術であり、メーラーファット除去もその1つです。目元に近いところを施術するため、場合によっては目の周りに内出血が現れます。
当院は、メーラーファット除去だけではなく、バッカルファット除去や糸リフト、小顔マイクロリポ法など、さまざまな小顔治療を専門的に行っておりますので安心してご相談ください。

メーラーファット除去がおすすめな人

  • 頬が盛り上がっていることで太って見える
  • 頬のたるみやほうれい線が気になる
  • 笑ったときに頬が膨らむのが気になる
  • 小鼻の両脇の盛り上がりが気になる
  • 小顔になりたい
  • 実年齢より老けて見られることが多い
  • 脂肪溶解注射では十分な効果を得られなかった
  • 頬の周りをすっきりさせたい

メーラーファット除去をおすすめできない人

  • 除去する必要性が低い
  • メーラーファットを除去すると不健康な印象の顔立ちになる

メーラーファット除去のメリット

メーラーファット除去を受けるかどうかを決める際は、次のメリットについて理解しましょう。

即効性がある

脂肪溶解注射は脂肪を溶かすのに時間がかかりますが、メーラーファット除去であれば施術の直後から効果が現れます

すぐにでもたるみやほうれい線の悩みを解消したい方に向いているでしょう。

リバウンドの心配がない

太る・痩せるというのは、脂肪細胞が大きくなったり小さくなったりすることを指します。ダイエットをしても脂肪細胞そのものはなくならないため、食生活や運動などに問題があると再び太ってしまうのです。

メーラーファット除去は脂肪細胞そのものを除去するため、リバウンドの心配がありません
つまり、半永久的な効果が期待できます。

洗練された印象になる

メーラーファットを除去すると、たるみやほうれい線が目立たなくなり、若々しく洗練された印象になります。

ダウンタイムが少ない

メーラーファット除去は、ダウンタイムが比較的少ない施術です。ただしフェイスバンドを24時間装着し固定する必要があるため、ダウンタイム期間の目安として3日程度のお休みがあると安心でしょう。

メーラーファット除去のデメリット

リスクが低くて即効性もある優れた治療ではありますが、次のようなデメリットがあります。

かえって老け顔の原因になる可能性もある

メーラーファットを除去することで、かえって老けた印象を与える可能性があります。頬の盛り上がりは若々しさの象徴でもあり、顔に立体感を作る役割を果たすため、立体感が失われることで老けた印象を与える場合があるのです。

当院では、施術の向き・不向きや除去すべき量を的確に判断できる医師が担当しますのでご安心ください。メーラーファット除去のみならず小顔治療を専門的に行っている当院だからこそ、より的確な診断が可能です。

左右差が生じることがある

メーラーファット除去の結果、左右差が生じる場合があります。骨格や脂肪、筋肉の付き方などの影響で左右差が生じるため、これらを考慮して吸引する量を決めなければなりません。このデメリットも、知識や技術を十分に持つ実績豊富な医師に相談することで回避できます。

皮膚がたるむことがある

メーラーファット除去によって、皮膚がたるむ場合があります。これは、適切な量を除去することで回避できます。

頬がくぼむことがある

メーラーファットを除去しすぎると、頬がくぼむことがあります。適切な吸引量を見極めることができる医師に相談することが大切です。

当院は、メーラーファット除去の実績が豊富で、ダウンタイムが少ない施術を行っております。吸引量や向き・不向きなどもしっかりと見極めますので、まずはLINEでお気軽にご相談ください。

メーラーファット除去のよくある質問

術後に体重が大幅に増加しても顔はスッキリとしたままですか?
脂肪細胞そのものを取り除くため、大幅に体重が増加しても顔はすっきりしたままとなります。ただし、メーラーファット以外の顔の脂肪はつくため、どれだけ体重が増えても見た目を維持できるわけではありません。
仕上がりは医師の腕に左右されるものですか?
メーラーファット除去は、行うべきかどうかの見極めが重要です。さらに、どれだけの量を除去すべきか、左右差を考慮してどのようなバランスで吸引すべきかなども見極めなければなりません。 そのため、十分な知識と技術、経験を持つ信頼できる医師に相談することが大切です。
メーラーファットを取ると自分がどういう顔になるのかイメージできません。
笑ったときに盛り上がる小鼻の横の部分がすっきりとします。笑ったときの顔が上品な印象になるでしょう。
Q.メーラーファット除去で必ずボリュームダウンできますか?
脂肪細胞そのものを除去するため、必ずボリュームダウンできます。ただし、ボリュームダウンすればよいわけではないため、除去すべきかどうかや除去する量などを慎重に見極める必要があります。 メーラーファット除去は、たるみやほうれい線を解消し、すっきりとした顔を作る施術です。 受けるべきかどうか、自分に合っているかどうかなど、少しでも気になっている方は下記のLINEからお気軽にお問い合わせください。専門の医師が患者さまのご質問にお答えしますので、疑問を解消できます。
監修医師紹介ページはこちら
  • img

    監修医師紹介

    深堀 純也 医師 ( WOM CLINIC GINZA 理事長 )

    専門分野:小顔治療 / 二重・垂れ目形成 / クマ治療 / / 若返り治療 / 豊胸治療

    専門分野:小顔治療 / 二重・垂れ目形成 / クマ治療 / / 若返り治療 / 豊胸治療

    監修医師紹介ページはこちら

    東京都板橋区生まれ。4歳~10歳まで父親の転勤に伴いアメリカで過ごす。海外生活で個性的なキャラクターと純粋な性格が育まれる。幼少期から手先が器用で、ピアノを習ったりプラモデルやレゴで遊んでいた。外科医を夢を持ち医学部に進学、医学生時代に二重整形を経験し、人生観が大きく変わる経験をし、美容整形に興味を持つようになった。念願の美容外科医になってからは毎日全国各地を飛び回って美容医療に没頭する日々。外見やコンプレックスが改善されることで、人々が笑顔になっていくのを目の当たりする中で美容医療の意義と社会的な価値を確信する。学会やアメリカ・韓国・中国と海外の技術研修に参加し、トップレベルの技術を学ぶ。自身の施術を貪欲に追及し、あらゆる施術においてダウンタイムを減らし、仕上がりを良くすることに取り組んでいる。

    略歴

    • 2004年 筑波大付属高校卒業
    • 2010年 秋田大学医学部医学科卒業
    • 2010年 東京医科歯科大学附属病院勤務
    • 2011年 東京都教職員互助会三楽病院勤務
    • 2012年 東京美容外科勤務
    • 2013年 東邦大学附属病院形成外科勤務
    • 2014年 東京美容外科分院長
    • 2016年 ガーデンクリニック分院長
    • 2017年 THE CLINIC勤務
    • 2019年 藤ナチュレ美容クリニック院長
    • 2020年 WOM CLINIC GINZA院長
    • 2021年 WOM CLINIC GINZA統括医師

    保有資格

    • ・日本美容外科学会正会員
    • ・日本形成外科学会正会員
    • ・日本抗加齢医学会正会員
    • ・日本救急医学会ICLSコース取得
    • ・アラガンBotox Vista認定医
    • ・VASER LIPO認定医
    • ・CRF(コンデンスリッチファット)認定医
    • ・VASER 4D Sculpt認定医
    • ・TOTAL DEFINER by Alfredo Hoyos認定医

関連する記事