COLUMN

美容整形コラム

WOM CLINIC GINZA TOP  >  美容整形コラム  >  ブルドッグ 顔の改善で効果的なのは?誤ったケアや即効性のある方法も紹介

ブルドッグ 顔の改善で効果的なのは?誤ったケアや即効性のある方法も紹介

小顔治療
公開日:2024年05月18日(土) 最終更新日:2024年06月07日(金)
ブルドッグ 顔の改善で効果的なのは?誤ったケアや即効性のある方法も紹介

「ブルドッグ顔を改善したいけど効果的な方法がわからない」
「切開手術を受けないと顔のたるみは改善されないのかな」
と悩んでいませんか。

結論、ブルドッグ顔の改善にはバッカルファットやジョールファットといった、頬と口元に存在する脂肪組織の除去が有効です。

また間違った方法でのセルフケアは、たるみを助長させブルドッグ顔を悪化させる要因となります。

本記事では、即効性の高いブルドッグ顔の改善方法や、誤ったセルフケアについて解説します。

さらに当院の脂肪吸引を受け、切開手術なしでブルドッグ顔を改善した症例もあわせてご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

『ブルドッグ 顔の改善で効果的なのは?誤ったケアや即効性のある方法も紹介』の画像

この記事の監修ドクター

医師 (WOM CLINIC GINZA 

 

ブルドッグ顔とは?

鏡を見てブルドッグ顔かどうかを確かめる女性

ブルドッグ顔とは、筋肉や皮膚がゆるみたるんだ状態です。

目元や口元といった、さまざまな箇所に出たエイジングサインがおもな原因となります。
ブルドッグ顔の典型的な特徴について、より詳しく解説します。

 

ブルドッグ顔の特徴

ブルドッグ顔の特徴は、下記のとおりです。

  • 頬の皮膚がたるんでいる
  • ほうれい線が深く入っている
  • 目の下にたるみがある

加齢により筋肉のハリや、真皮組織の弾力が衰え頬の皮膚がたるみ、ほうれい線のシワが深くなります

また顔の脂肪が多かったりむくんだりしていると、さらに重くなりたるみを助長させます。
上記のほか口元に出るマリオネットラインや、頬の中央に出るゴルゴラインといったシワも、ブルドッグ顔の特徴のひとつです。

なおブルドッグ顔は、顔タイプによりたるみの出方が異なります。

 

顔のタイプの説明図

  • 丸顔:最もたるみが出やすく、とくにほうれい線が目立ちやすい
  • 逆三角形型:口周りの筋肉が低下しやすいため、ほうれい線やマリオネットラインが強調されやすい
  • 卵型・面長:目の周りのたるみやゴルゴラインが出やすい。卵型はフェイスラインも崩れやすい
  • 四角形型:口元のマリオネットラインが出やすい

 

ブルドッグ顔は若くてもなる

20代や30代など若い世代の方でも、姿勢の悪さや顔の脂肪の付き方などが原因でブルドッグ顔になる可能性があります。

たとえばスマホを触るときにうつむいたり、猫背でデスクワークをしていると重力の影響を受けやすくなり、頬のたるみが出やすくなります。

また、20代〜30代でも顔の脂肪やむくみが多い場合も、年齢に関係なくブルドッグ顔になるリスクが高まります。

 

ブルドッグ顔の主な原因6つ

頬を抑えてブルドッグ顔の主な原因6つを考える女性

ブルドッグ顔になる原因は加齢だけではありません。
むくみや姿勢・生活習慣などさまざま要因が重なって、ブルドッグ顔になってしまいます

ブルドッグ顔をまねくおもな原因は、下記の通りです。

①加齢によるたるみ
②むくみによるたるみ
③肌の弾力の低下
④日常の姿勢の悪さ
⑤筋力の低下
⑥脂肪量の増加

それぞれの原因について、詳しく解説します。

 

①加齢によるたるみ

肌にハリを与えるコラーゲンやエラスチンが加齢によって減少し、支えられなくなった皮膚がたるみ、ブルドッグ顔の原因になります。

そのためブルドッグ顔で悩んでいる方は、40代以降の方が大半です。
また紫外線による光老化もコラーゲンやエラスチンにダメージを与え、たるみを加速させる要因に。

肌をたるませないよう、日頃の紫外線対策が重要です。

 

②むくみによるたるみ

水分や老廃物を溜めこむむくみは、その重さによって皮膚をたるませ、ブルドッグ顔の原因になります。

むくみはマッサージにより流しやすいため、セルフケアやエステの施術で一時的な改善が可能です。

顔がむくみやすい方は、その日のむくみはその日のうちにとるように意識してみましょう。

また、むくみがなかなか取れにくい方は、当院の「インディバエステ」もおすすめです。

医療機関専門モデルによるインディバエステで、新陳代謝をサポートしむくみケアが可能です。

下記の記事でインディバエステの施術内容や効果について解説しているので、気になった方はぜひ参考にしてください。

https://wom-clinic.com/indiba/

 

③肌の弾力の低下

肌のハリを保っている脂肪が減少し、弾力が低下することでたるみが悪化してブルドッグ顔をまねきます。

加齢のほか無理なダイエットや病気による体重減少などで、急激に体重が変化した場合に起こりやすいケースです。

またリバウンドを繰り返している方は、ブルドッグ顔になりやすいため注意が必要です。

 

④日常の姿勢の悪さ

猫背で顎が前に出てしまうような悪い姿勢が続くと、顔の皮膚がたるみやすくなります

ブルドッグ顔と姿勢はいっけん関係のないように思えますが、顎が前に出た状態は正しい姿勢と比べてより重力の負荷を受けるため、たるみを加速させる原因になります。
うつむいた姿勢でスマホを触る方や、猫背で長時間パソコン作業をする方は、姿勢を正して目線をなるべく下げないよう意識しましょう。

頬杖をつく姿勢も顔がゆがみ、たるみにつながるので机には肘をつかないように気をつけてください。

なお日常の姿勢の悪さは年齢に関係なく、若い世代のブルドッグ顔の要因にもなります。

 

⑤筋力の低下

表情筋の衰えによる弾力低下は、ブルドッグ顔を作る原因です。
とくに口周りの筋力の低下は口角を下げたり、マリオネットラインを深く刻んだりするため、ブルドッグ顔をさらに悪化させます。

口元の筋力低下は加齢のほか、表情筋があまり使われず衰えやすくなっているケースがあります。

 

⑥脂肪量の増加

顔の脂肪量の増加はブルドッグ顔をまねきます。
脂肪が増えてしまうと、重さに耐えられなくなって皮膚が垂れ下がり、頬をたるませる原因になります。
なお顔の脂肪はダイエットでは落としにくいため、美容整形による脂肪除去がおすすめです。

 

ブルドッグ顔の改善にセルフケアは有効?

鏡を見ながらブルドッグ顔の改善にセルフケアは有効かを確認する女性

自宅でのマッサージや筋トレなどのセルフケアで、ブルドッグ顔を改善するのは難しいでしょう。
セルフケアは一時的にむくみをすっきりさせますが、効果は持続しません。
ブルドッグ顔改善には、たるみや脂肪増加など原因を作らないのが最も効果的です。

 

誤ったマッサージをしないことが重要

顔のマッサージは誤った方法でおこなうと、ブルドッグ顔をさらに悪化させる可能性があるため注意が必要です。

たとえば目元は皮膚が薄いため、こするだけで負担になりたるみの原因に。
摩擦をおこさないよう、オイルやクリームを使い、軽いタッチでおこなうのが重要です。

また目元以外でも、圧が強すぎるマッサージを継続的におこなうと、靭帯などの支持組織を徐々にゆるめ、顔の筋肉がたるみやすくなります。

ブルドッグ顔の改善でおこなったマッサージで、たるみを加速させてしまわないよう、ポイントを抑えたケアが重要です。

 

フェイシャルエステでブルドック顔は改善できる?

フェイシャルエステでブルドック顔は改善できるかを確認する女性

フェイシャルエステによるブルドッグ顔の改善も難しいです。

フェイシャルエステはプロによる施術なので、セルフケアよりは高い効果が期待できますが、いずれにしても顔のマッサージのため効果は一時的です。

また効果を持続させるためには継続的な施術が欠かせないため、エステサロンへ何度も通う必要があります。

 

エステでは根本的な改善は難しい

フェイシャルエステでは、ブルドッグ顔の根本的な改善は期待できないでしょう。
サロンでのマッサージや機器によるトリートメントは、あくまでも余分な水分や老廃物を排出するサポートのため、継続的な効果は見込めません。

なお、むくみをすっきりさせたい場合は、インディバエステがおすすめです。
フェイシャルのインディバエステはむくみが改善されるだけでなく、脂肪燃焼や血行促進のサポートにより、肌のくすみや脂肪によるフェイスラインの悩みまで解決可能です。

https://wom-clinic.com/indiba/

ブルドッグ顔を根本的に改善したい場合は、美容整形を検討しましょう。
ブルドッグ顔になる原因のひとつである脂肪を除去し、たるみのないすっきりとしたフェイスラインが目指せます。

 

ブルドック顔の改善におすすめの美容整形方法は?

鏡を見ながら頬に手を当ててブルドック顔の改善におすすめの美容整形方法を考える女性

ブルドッグ顔を根本的に解消するには、下記の美容整形が有効です。

  • ジョールファット除去
  • バッカルファット除去
  • 切開リフト(フェイスリフト)

ジョールファット除去とバッカルファット除去は頬の脂肪吸引で、口元のたるみやほうれい線の原因となる脂肪を除去し、たるみを改善します。

切開リフト(フェイスリフト)は皮膚にメスを入れ、たるみを引き上げる手術です。
こめかみ部分を切開し引き上げて目元のたるみ改善に、耳の前までの切開でフェイスラインのもたつきを解消します。

 

ブルドック顔にはジョールファット除去が効果的

ジョールファット除去の説明図

施術内容 ジョールファットの除去
ダウンタイム 痛み:当日~約1週間

内出血:翌日~約1週間で気にならない程度に

腫れ:翌日~約3日間

むくみ:当日~約2週間

つっぱり感・拘縮:約2週間~1ヶ月間

完成目安 約3~6ヶ月後

口元のもたつきを改善するジョールファット除去は、ブルドッグ顔の改善にぴったりです。
ジョールファット除去では、口角横から口角下あたりに存在する脂肪組織を除去します。

手術は口の内側を5mmほど切開し、そこから細いカニューレを挿入して吸引するため、傷跡が目立ちにくい小顔整形です。

脂肪によるたるみを改善し、もたつきのないすっきりとしたフェイスラインが手に入ります。
ジョールファットは1度除去されると再び形成されないため、効果が半永久的に持続します。

またダイエットで効果が出にくい部位のため、ブルドッグ顔改善だけでなく小顔整形として、ジョールファット除去を受けられるケースも多くあります。

なお当院のジョールファット除去は、ダウンタイムが短いところが魅力です。
そして施術時間は一般的に60分かかるところ、当院では最短30分で手術が完了します。
患者さまへの負担が少ないため、手術翌日に仕事へ行かれる方も多く、普段と変わらない生活が送れます。

 

20代から30代の方はバッカルファット除去で予防できる

バッカルファット除去の説明図

バッカルファット除去はブルドッグ顔の予防になるため、20代や30代の若い世代におすすめです

頬の深い層にあるバッカルファットは、こめかみから頬骨にあたりに存在します。
しかし年齢を重ねていくにつれて垂れ下がり、頬全体のたるみの要因になります。

バッカルファット除去は口の内側を5mmほど切開し、脂肪組織を摘出する手術です。
当院では全てを除去するのではなく、患者様の骨格にあわせて適切な量を除去するため、自然に仕上がります。

頬のたるみやほうれい線、マリオネットラインが目立たなくなり、ブルドッグ顔の改善が見込める小顔整形です。

なおバッカルファットは、顔の適正や除去する量といった見極めが重要な手術です。
とくに20~30代の方は、適性でないと将来頬がこける可能性があるため、慎重に検討する必要があります。

当院ではバッカルファット除去手術を年間2,000件以上おこなっているため、経験豊富な医師が親身になってカウンセリングをおこないます。

ひとりひとりにあった手術で、たるみやへこみが出にくくデザイン性の高いバッカルファット除去が受けられる点が魅力です。

さらに当院では他院修正もおこなっております。
他のクリニックでバッカルファット除去を受け失敗されてしまった方は、ぜひご相談にいらしてください。

 

 

 

 

ブルドック顔の整形方法の比較

  ダウンタイム 料金相場 持続期間
ジョールファット除去 痛み:当日~約1週間

内出血:翌日~約1週間で気にならない程度に

腫れ:翌日~約3日間

むくみ:当日~約2週間

つっぱり感・拘縮:約2週間~1ヶ月間

約15万円~25万円 半永久的
バッカルファット除去 痛み:当日~約1週間

内出血:翌日~約1週間で気にならない程度に

腫れ:翌日~約3日間

むくみ:当日~約2週間

約10万円~30万円 半永久的
切開リフト 痛み:当日~約1週間

内出血:翌日~約2週間

腫れ:翌日~約2週間

むくみ:当日~約3週間

つっぱり感・拘縮:約2週間~2ヶ月間

約50万円~100万円
(範囲により大きく異なる)
約5~10年

ブルドッグ顔の改善に効果的な治療のなかで、1番ダウンタイムが長いのは切開リフトです。

皮膚を切開し脂肪とたるみを除去するため負担が大きく、完成するまでにも時間がかかります。

いっぽうジョールファット除去やバッカルファット除去は、口内を切開するため傷痕がほとんど目立たず、整形バレしにくいのが魅力です。

傷口が小さく負担も少ないため、ダウンタイムが短く日常生活に支障が出にくいところもメリットです。
さらに切開リフトに比べて費用を抑えられるうえ、1回の手術で半永久的な効果が得られます。

 

当院のブルドック顔を改善した症例

当院のブルドック顔を改善した症例を説明する頬に手を当てている女性

当院の治療を受けて、ブルドッグ顔を改善した症例を2つご紹介します。

  • 切開リフトなしで改善した症例
  • 50代の方でも脂肪吸引と糸リフトで改善

美容整形によるブルドッグ顔の解消を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

 

切開リフトなしで改善した症例

切開リフトなしで改善した症例

施術内容 頬と顎下の脂肪吸引(マイクロリポ法)

バッカルファット除去

ジョールファット吸引

糸リフト8本(吸収性の糸リフト)

顎先ボトックス注射

頬こけ脂肪注入(顔の脂肪を同時注入)

VaserLipo(ベイザー使用)

施術料金 頬と顎下の脂肪吸引(マイクロリポ法)¥330,000

バッカルファット除去 ¥220,000

ジョールファット吸引 ¥110,000

糸リフト8本(吸収性の糸リフト) ¥220,000
(6本¥165,000、10本¥275,000)

顎先ボトックス注射 ¥11,000

頬こけ脂肪注入(顔の脂肪を同時注入)¥165,000

VaserLipo(ベイザー使用)   ¥55,000

静脈麻酔 ¥110,000
(※全て税込み価格です)

副作用・リスク 術後には浮腫、内出血、拘縮等が出現します。経過で不安を感じた方はすぐにご連絡下さい。

こちらは脂肪吸引や糸リフトなど複数の手術を組み合わせて、切開リフトなしでブルドッグ顔を改善した症例です。

口周りをたるませているジョールファットやバッカルファットを除去し、すっきりした状態になっています。
頬骨あたりの頬コケが目立つ箇所には脂肪が注入され、若々しい印象になりました。

さらに糸リフトや、頬と顎下の脂肪吸引でフェイスラインのもたつきが改善され、美しい卵型に仕上がりました。

 

50代の方でも脂肪吸引と糸リフトで改善

50代の方でも脂肪吸引と糸リフトで改善した症例

施術内容 頬と顎下の脂肪吸引(マイクロリポ法 )

ジョールファット吸引

バッカルファット除去

エラボトックス注射

糸リフト10本(吸収性の糸リフト)

顎先ボトックス注射

VaserLipo(ベイザー使用)

施術料金 頬と顎下の脂肪吸引(マイクロリポ法 )¥330,000

ジョールファット吸引 ¥110,000

バッカルファット除去 ¥220,000

エラボトックス注射 ¥44,000~

糸リフト10本(吸収性の糸リフト) ¥275,000
(8本¥220,000、6本¥165,000)

顎先ボトックス注射 ¥11,000

VaserLipo(ベイザー使用)  ¥55,000

静脈麻酔 ¥110,000
(※全て税込み価格です)

副作用・リスク 術後には浮腫、内出血、拘縮等が出現します。経過で不安を感じた方はすぐにご連絡下さい。

こちらは切開手術なしを希望し、診療にこられた50代の患者さまの症例です。
脂肪吸引と糸リフト、エラボトックス注射の施術のみでブルドッグ顔が改善されています。

ジョールファットとバッカルファットの除去に加え、顎下からエラ下部分までしっかり脂肪吸引し、フェイスラインのたるみを解消しました。

さらに糸リフトで皮膚を引き上げ、頬コケ部分に脂肪を注入し、ハリのある印象に仕上げています。

術前の四角いフェイスラインから、美しい卵型へ激変しました。

 

ブルドック顔は切開しなくても改善できる

ブルドック顔は切開しなくても改善できることをイメージする女性

ブルドッグ顔は切開リフトのような負担がかかる手術をしなくても、脂肪吸引のみで改善が可能なケースが多く見受けられます。

またバッカルファットやジョールファットの吸引は、適性有無の見極めや、除去量の判断が非常に重要な手術です。

適性がないのにも関わらず脂肪吸引を受けたり、過剰に脂肪を除去されたりすると、顔がこけてしまい、さらに老けた印象になる可能性があります。
クリニック選びは、症例実績数や症例写真を確認しながら、慎重におこないましょう。

当院では年間2,000件以上、バッカルファット除去をおこなっています。
脂肪吸引を得意としており、経験豊富な医師が在籍しているところが強みです。

バッカルファットやジョールファットの除去による、ブルドッグ顔の改善を検討している方は、ぜひ当院へご相談ください。

 

監修医師紹介ページはこちら
  • img

    監修医師紹介

    深堀 純也 医師 ( WOM CLINIC GINZA 理事長 )

    専門分野:小顔治療 / 二重・垂れ目形成 / クマ治療 / / 若返り治療 / 豊胸治療

    専門分野:小顔治療 / 二重・垂れ目形成 / クマ治療 / / 若返り治療 / 豊胸治療

    監修医師紹介ページはこちら

    東京都板橋区生まれ。4歳~10歳まで父親の転勤に伴いアメリカで過ごす。海外生活で個性的なキャラクターと純粋な性格が育まれる。幼少期から手先が器用で、ピアノを習ったりプラモデルやレゴで遊んでいた。外科医を夢を持ち医学部に進学、医学生時代に二重整形を経験し、人生観が大きく変わる経験をし、美容整形に興味を持つようになった。念願の美容外科医になってからは毎日全国各地を飛び回って美容医療に没頭する日々。外見やコンプレックスが改善されることで、人々が笑顔になっていくのを目の当たりする中で美容医療の意義と社会的な価値を確信する。学会やアメリカ・韓国・中国と海外の技術研修に参加し、トップレベルの技術を学ぶ。自身の施術を貪欲に追及し、あらゆる施術においてダウンタイムを減らし、仕上がりを良くすることに取り組んでいる。

    略歴

    • 2004年 筑波大付属高校卒業
    • 2010年 秋田大学医学部医学科卒業
    • 2010年 東京医科歯科大学附属病院勤務
    • 2011年 東京都教職員互助会三楽病院勤務
    • 2012年 東京美容外科勤務
    • 2013年 東邦大学附属病院形成外科勤務
    • 2014年 東京美容外科分院長
    • 2016年 ガーデンクリニック分院長
    • 2017年 THE CLINIC勤務
    • 2019年 藤ナチュレ美容クリニック院長
    • 2020年 WOM CLINIC GINZA院長
    • 2021年 WOM CLINIC GINZA統括医師

    保有資格

    • ・日本美容外科学会正会員
    • ・日本形成外科学会正会員
    • ・日本抗加齢医学会正会員
    • ・日本救急医学会ICLSコース取得
    • ・アラガンBotox Vista認定医
    • ・VASER LIPO認定医
    • ・CRF(コンデンスリッチファット)認定医
    • ・VASER 4D Sculpt認定医
    • ・TOTAL DEFINER by Alfredo Hoyos認定医

関連する記事